閉じるボタン

「サウルの息子」(2015)

シオニズムのPR。

0点0点   2020/3/28 00:00 by ニコラ

現在のイスラエル=かつてのナチス。昨日も今日も明日もガザやヨルダン川西岸ではシオニストによるパレスチナ人の虐殺が当たり前のように行われ(てい)る。撮影カメラが被写体のすぐ後ろ、または、すぐ前に位置するので、対象物(者)以外はちゃんと映し撮られていないのは、臨場感を狙ったのではなく、経費節減の手抜き映画だからでしょう。タバコ2本。

イインダラ