「プープーの物語」(1998)

【DVD発売中】

0点--
新しい感性の登場を予感させるロードムービー。女の子ふたりの道中を、鈴木清順の助監督を務めた26歳の新鋭、渡辺謙作が、奇妙な緊迫感となごみ感覚が同居した独特の映像で描く。

あらすじ

フウとスズは、ふたりで旅をしている女の子。目的は、子豚のプープーの墓参りだ。途中、ふたりはスズの赤ちゃんを父親の木嶋という男に見せに立ち寄ることになる。ところが、そのことを知った木嶋はビックリ。スズとの間に出来た子は、2年前に盲目の殺し屋・ジョージに始末させた筈だったからだ。焦った木嶋は、ジョージから拳銃を奪うと自らの手で赤ちゃんを始末しようと準備する。一方、そんなこととは知らないフウとスズは、プロゴルファーのオープンカーを盗んだり、赤ちゃんを奪おうとするゲイ・カップルに襲われたり、その度に突如として現れるトランクマンに救われながら旅を続けていた。しかし、スズがトランクマンに想いを寄せるようになったことから、スズとフウの仲はギクシャク。フウは、スズと別れる決意をする。スズと別れたフウはジョージと出会う。そして、ジョージから木嶋がスズの命を狙っていることを知ったフウは、木嶋を撃ちに郊外にある彼の家へ赴いていく。そこでスズと再会したフウは、木嶋と拳銃を向け合うが、またしても現れたトランクマンに助けられる。仲直りしたフウとスズ。ふたりは旅を続けるのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1998年
製作国 日本
配給 リトル・モア
上映時間 73
公開日 1998年4月4日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する