「日本橋」(1956)

【DVD発売中】

59点59
大正初期の日本橋を舞台に、新旧二派の芸者と、周辺の男たちの色模様を描いた鏡花文学を、溝口に続いて市川が映画化。しかし、文芸作品を、いい意味での通俗性とともに、独特の軽妙洒脱な文体の中に映像化する市川節は、少々大胆さに欠けた。

あらすじ

日本橋元大工町、幽霊が出るという噂のある露地の細道に稲葉家は移転。女あるじお孝は雛妓お千世を始め抱妓九人を持つ日本橋の芸者、意地と張りが身上で界隈切っての美人芸者清葉と張合い、清葉に振られたためお孝と出来た客も一人、二人でない。五十嵐伝吉もその一人。もとは海産物問屋だが、清葉に振られた処をお孝に拾われ夢中になったのも束の間、やがてお孝にも追い出され、問屋はつぶれ女房も死ぬ。今は可愛い子供も棄て、お孝を求めてさまようばかり。行方知れぬ姉を探す医学士、葛木晋三は姉に瓜二つの清葉を知り、ある夜、待合お鹿で自らの心情を打明ける。だが清葉は旦那も子供もある身、乱れる心を押え冷たく別れの盃を交す。その夜更け、一石橋の上で姉のかたみの一文雛を川へ放した葛木は通り掛った笠原巡査に不審尋問。困っている処を、ほろ酔い加減のお孝の気転で救われる。二人はその夜、結ばれた。清葉の家の露地板にある夜、捨て子。赤熊こと伝吉の子供とも知らず、清葉は養い親となる。初夏の頃、もうお孝にとって葛木は無二の人。短刀で凄んで居直ろうとした伝吉もお孝の真剣さに圧倒され、一石橋で葛木を待伏せ、お孝と切れてくれと嘆願。葛木は彼の執念に動揺し、世を捨てて巡礼に出る。翌年の夏、恋しさのあまり狂人となったお孝は、叔母と名乗る性悪婆に一人残った抱妓お千世と三人の佗住い。日の暮れる頃、清葉の家の近くに火の手が上る。清葉の母と養いの赤児を救った伝吉は、その勢いで恨みの稲葉家につっ走る。伝吉は婆とお千世を一突き、だがお孝は彼の手から刀を奪い彼を刺す。その瞬間「しまった」と駈込む旅僧姿の葛木。お孝の瞳に正気が甦った。だが生涯に唯一度、誠の夫と誓う人への再会の喜びも束の間、正気を取戻したお孝は台所で静かに毒をあおいだ。数日後、旅立姿の葛木が清葉を訪れ、仏門に余生を送る覚悟を述べた。お孝こそ自分の妻と語る彼は、忍び泣く清葉を後に日本橋を去って行く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 112
チケット 前売りチケットを購入する