「二十世紀少年読本」(1989)

【DVD発売中】

63点63
サイレント映画をモチーフにした「夢みるように眠りたい」でデビューを飾った林海象が、今度は日本のサーカスをテーマにしたノスタルジックな世界を奏でるモノクロ映画。サーカス団に育った二人の兄弟が、別々の未来へと進んでいく様を描いていく。木村威夫と山崎秀満の美術が秀逸だ。

あらすじ

昭和中期、日本がまだ夢見ていた頃、街から街へと人々を楽しませて回る「三日月サーカス」という小さなサーカス団があった。そこには仁太と渡という空中ブランコに憧れる兄弟がいた。しかし、不慮の事故により足を傷めた仁太は、夢がかなわぬままサーカス団を去ってしまう。時は流れ昭和の好景気、世の中の繁栄とは逆にサーカス団はおちぶれてゆくが、渡と混血の美女マリアは負けじと新しい新しいサーカスショーに挑んでいった。その頃、仁太はテキヤ家業に励んでいた。ある日、親分の情婦おもちゃと出会い、たちまち恋に落ちた二人は掟を破った為、組織に追われてしまう。逃避行に疲れ、死を決意するがいつしか二人は「三日月サーカス」のテントに向かっていたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 CBS・ソニーグループ
上映時間 106
チケット 前売りチケットを購入する