「ナチュラル・ウーマン」(1994)

【DVD発売中】

57点57
アルバイトをしながらマイナー雑誌に漫画を発表している25歳の容子。彼女はバイト仲間の由梨子に惹かれているが、かつての恋人、花世の死と、それによって決着のつけられなかった葛藤から自分を解放できないでいた。由梨子はそんな容子に興味を抱き、接近するが……。過去と現在、女性3人の想いが交錯するストーリーが静かに、かつ情熱的に展開する。原作者自らが、佐々木監督とともに脚本も担当し、アンバランスで官能的な世界を作り出している。

あらすじ

マイナー雑誌の漫画家で25歳の容子は世間から身を隠すような生活を続けながら、屈折したセックスに関する作品を発表していた。彼女はバイト仲間でボクシングのプロテスト合格を目指す由梨子に惹かれていた。由梨子は容子が以前つきあっていた花世とは対象的なタフな精神の持ち主だった。5年前、漫画同人サークルで容子と花世は知り合った。花世はアマチュア漫画界のカリスマとして君臨しており、容子は彼女と衝突しながらもしだいに惹かれていく。海に出かけたある日、二人は初めて一夜を共に過ごす。愛はしだいに深まっていくが、それと正比例するかのように、それぞれの作品に対する衝突も激しくなり2人の関係は袋小路にはまりこんでいく。精神のバランスを崩した花世はサークルの合同作品集が完成した後、それを燃しビルから飛び降り死んでしまう。今でも容子は花世の面影から逃れることができないでいた。由梨子はどことなく陰のある容子に興味を持ち、友達の域を越えて接近するが、容子は彼女を受け入れることができない。かつてのサークル仲間セリから、サークルの集会が開かれていた例のビルが取り壊しになると聞いた容子は、自分の花世への気持ちに決着をつけるため、由梨子と共にビルを訪れる。そこで彼女は作品集の残骸を発見する。花世は容子のページを燃さずに残しておいたのだ。花世の自分への深い愛情を感じた容子。そして彼女は自分の名を呼ぶ花世の声を聞いた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 83
チケット 前売りチケットを購入する