「赤い靴とろくでなし」(1963)

0点--
“ろくでなし“シリーズの第2作。ろくでなしコンビのジョーと圭介は、南国のある港町で赤い靴の女・ユリと知り合う。そして彼女からある会社乗っ取りの計画を持ちかけられた彼らは即、実行。まんまと成功して数億円の現ナマをせしめるのだが……。

あらすじ

南国のある港町、ろくでなしコンビのジョーと圭介はグッとイカす赤い靴の女と知り合った。その女ユリが、関東一円の暗黒街を牛耳る野村興行を乗っ取ろうとの大計画をもちかけた。翌日から、野村興行の事業場は毎日のように二人の男に襲撃され、強奪された金はうなぎのぼり。社長の野村や用心棒のダニ政はカンカンになってしまった。もちろんこれはコンビの仕業、ユリも例のお色気戦術で応援するといったわけで、たちまち十億円もの現ナマが集った。野村興行は以前ユリの父の経営下にあり、彼の謎の死で野村に譲られたものなのだ。その謎を解き野村に復讐しようとするユリは、まず父の死後雲がくれした弁護士の小林を探し出す必要があった。ユリの命令で野村の密輸船を襲ったコンビは、首尾よくダイヤを奪ったもののダニ政たちのハサミ討ちに合い圭介が捕まった。だが彼もニセ火事を起してどさくさまぎれに脱出し、その帰途、遊覧船で働く志津子という娘が小林の妹だという特ダネを拾ってきた。彼女も兄の居所は知らなかったが、間もなくSホテルに隠れているという電報を受取った。コンビは小林を隠家に匿ったが、いち早く情報をキャッチした野村一味に包囲され、烈しい銃撃戦となった。小林もユリも、志津までが敵の拳銃を奪って応戦した時、思いがけなくもダニ政が味方となって脱出に成功。海岸線を走るトラックに野村のヘリコプターが追いついて手榴弾の雨、だがジョーの造ったインスタント高射砲でヘリは撃墜された。小林の証言で野村興行の莫大な財産はユリに譲られ、ジョーも圭介も重役になれると小躍した。だが、ユリは全財産を孤児のために寄付してしまい、社会奉仕のためダニ政と共に修道院に入るという。ろくでなしコンビはボヤキながら雑踏の中に消えていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1963年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 88
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する