「夜が崩れた」(1978)

0点--
暴力団根絶のための捜査に奔走する若い刑事とその恋人。だが、恋人の兄はヤクザで殺人の容疑者になっており、北海道へ逃げていたのだった……。孤児同然に生きてきたヤクザな兄、その妹と、彼女を愛する正義感にあふれる刑事との関係を情感豊かに描いた作品。さらに、後半はサスペンスに満ちた展開が……。

あらすじ

安井には浩子という恋人がいた。郷里を出て刑事になったばかりの安井には、浩子は新鮮で魅惑的な都会の女性であった。二人は初めて会った時から互いにひかれ、自然に結ばれた。ある日、暴力団茨組の捜査を始めた安井は、同組幹部の中根につきまとわれ、浩子から手を引くように言われる。中根孝は浩子の兄だった。幼くして両親を失い、孝と浩子は小樽の孤児院で育てられたのである。浩子と結婚を決意した安井は中根にやくざから足を洗うように言うが、中根は嘲笑するばかりであった。茨組と関係の深い手形詐欺師大川が襲われ、犯人は中根と判明する。安井は自分の手で中根を捕えて自首させようと決心し、浩子のアパートを訪ねるが、旅行姿で彼女が出て行ったことを知り、孝と共に故郷の小樽に向ったのだと直感した。行くあてのない孝と浩子は生まれ育った小樽の教会へ向っていた。浩子と再会した安井は、中根が茨組から足を洗おうと、大川に金を借りに行ったところ、大川は逆に中根を茨組に売ろうとしたため事件が起きたことを聞かされる。その時突然銃声が聞こえ、安井が現場に駆けつけると、中根が倒れていた。安井に、浩子と一緒になるようにと中根は言い残し、息絶えた。数日後、安井と浩子は白布に包まれた遺骨を抱いて、雪原を走る列車の中にいた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 93
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する