「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」(1992)

0点--
1981年発表時、名デザイナー、ハンス・ムートによる斬新な造形美が世界中で好評を博したオートバイ“GSX110OS KATANA“。生産が中止された今も一部で熱狂的支持を集めているこの名車を手にした一人の若者の青春像を描く。バイク同士のチェイスも織りまぜつつ、乾いたタッチで綴られる。

あらすじ

ガソリン・スタンドで働く明夫は、大型バイクの免許を取り、念願のGSX1100S KATANAを手に入れた。恋人の理佐よりバイクに愛情を注ぐ彼は、黙々とエンジンのならし運転を続ける。ある日明夫は、理佐の高校の後輩でツッパリの美緒子に出会う。彼女は明夫の友人・貴志がぞっこんであったが、同時に不良グループの菊地田にも目をつけられていた。菊地田はかつて明夫の親友を事故死させており、今度は明夫にバイク勝負を申し込む。しかし明夫は応じず、ただ、ならしを続けるだけだ。そんな彼のクールさに美緒子は魅かれていくが、彼女は菊地田にからまれ、それに怒った貴志も逆に大怪我を負わされ、さらには菊地田の子分たちが無断で理佐を犯したことから彼女はショックで自殺してしまう。明夫はついに立ち上がり、菊地田の勝負を受ける。夜の湾岸道路の対決は、菊地田の横転でケリがつき、勝った明夫は理佐が飛び降りた崖へ向かう。そこに美緒子が現れた。2人はもう何も語らず、そして彼女は無言で明夫の元から去っていくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
配給 ケイエスエス=TBS
上映時間 88
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する