「九月の冗談クラブバンド」(1982)

【DVD発売中】

57点57
自主映画出身の長崎俊一がATGの“ニュー1000万円路線“で撮った、初の劇場用映画。かつて暴走族の間で伝説的な存在だったリョウは、仲間の徹司の事故死を機にバイクを捨てた。しかし、他の暴走族たちは、徹司の一周忌にリョウの伝説がよみがえると信じている……。一周忌は9月。その日に向けてリョウを除く人々のエネルギーは高まっていく……。

あらすじ

かつては“ハマのリョウ”と呼ばれ、暴走族仲間に伝説的に語られるリョウは、バイクを捨て、「冗談クラブ」というスナックの雇われマスターをしている。リョウが走るのを止めたのは、仲間の徹司が事故死してからであり、それから一年が過ぎようとしている。徹司の女だったレイ子も就職して普通の娘になろうとしている。一方、残った仲間、夕陽、ザジ、ネムはバイクをチューンし、徹司の一周忌にブッ飛ばそうと準備をしていた。連中は、その日にリョウの伝説は甦り、疾走してケリをつけなくちゃならないと思っていた。さらに、本牧の暴走族、ルパンのリーダー、モロも「冗談クラブ」にやってきてリョウを牽制する。しかし、リョウには走る気もなく、仲間や敵にも取り合おうとしない。謎の中年男、羽根武は、夏雄、シドという若者を連れ、夜毎、暴走族狩りに異常な執念を燃やし、モロたちも深い傷を負わされてしまった。OLになったレイ子は仕事一途の職場の上司に心惹かれるが、実はその男が羽根の昼の顔であった。そうとは知らず、レイ子は一周忌を前に、羽根と結婚することによって、徹司への思い出、リョウへの愛をふっ切ろうとしていた。「徹司が死んで一年が経ったのよ、いいかげんで何とかしなくちゃ……」とレイ子は焦った。誰もがギラギラしながら一周忌の九月を迎えようとしていた。暴走族狩りに出る夏雄、シド、そして羽根。彼らを迎えるモロとルパンの一党の間で、激しい争いが始まった。一方、店では夕陽とザジが「本当に走らないのか、それでいいのかよ」とリョウに詰め寄っていた。リョウがダメになったのはあいつのせいだと、ネムはレイ子の胸にナイフを突き刺した。明け方の路上では燃え尽きたトラックやバイクの残骸が散らばっている。血だらけの羽根は部屋に戻ると、レイ子の傍に倒れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1982年
製作国 日本
配給 ATG=シネマハウト=プロダクション爆
上映時間 105
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する