「続・警察日記」(1955)

0点--
田舎の警察署に勤務する好人物たちが、右往左往するさまをスケッチ風に描いたもの。ヒット作の続編だが、ストーリーは独立している。森繁、東野、杉村などの人気者が抜けた穴を、前作では脇だった伊藤の格上げをはじめ、大坂、安部、林、北林ら通好みのキャスティングで埋めているあたりが憎い。風速50メートルの台風が近づき、磐梯山のふもとの牛方町は大騒ぎ。結婚を明日に控えた娘の鉄道自殺未遂に始まって、ストリッパー上がりの女の無責任な予言騒動、バス会社の女車掌身体検査をめぐる悶着、公金横領犯の出没、もぐり産婆の逆襲など、気の良い警察官たちを悩ます数々の難事件(?)が展開する。

あらすじ

秋空に雄姿を見せる磐梯山のふもと、牛方町の警察署−−鉄道自殺未遂の百姓娘ヨネを神成係長が調べたところ、明日婚礼する身体と聞き、父親と婚約者の長吉を呼んだが、二人とも何が原因か知らないという暢気さだ。実はヨネは姉婿平太の子を宿しているのだった。一方、調べ室で斎藤巡査が米泥棒の容疑者彌六に犯行を自白させようと、手を焼いていた。町では豊年祭を控えて夕刻五時に、風速五十米の台風が襲来するというのでテンヤワンヤ。朝から町役場で台風対策の泥ナワ式会議が開かれ、総動員体制をブった赤松消防団長はストリッパー上りの巫女から、大火事が起るとおどかされて色を失った。その頃、警察では無銭飲食で留置中のリーゼントスタイルの花村と飲屋の女千代の面会に立ち会った独身の若山巡査がすっかり当てられて大くさり。犬に噛みつかれた男が駈け込んで来るかと思えば、柿崎次席の夫婦喧嘩を岩熊署長が仲裁したり、八十一歳の駒田先輩が封筒を売りに来たあと、町会議員の蛭川がバスの女車掌をつれて現れ、バス会社が抜き打ちに女車掌の身体検査をするとは人権擁護委員として看過できないと怒鳴り込んだ。表が騒々しいので出てみると、何事ぞ消防署の屋上で巫女と全員がマンボのリズムに合せて踊り狂っているではないか。公金拐携犯人、もぐり産婆、妊婦がつぎつぎと現われて署内はひっくり返るような騒ぎだが、どうやら台風も進路をかえたらしく、宵闇迫る神社から賑やかな祭囃子が流れて来るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 118
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する