「黒いダイスが俺を呼ぶ」(1964)

0点--
兄と恋人を賭博がもとで失った氷室浩次は、もう2度とダイスは握るまいと決心するが、ぶらりと立ち寄った街で、暴力団にイカサマバクチで金をむしりとられる市民を目にする。自らの誓いに悩みながら、見かねた氷室はついに立ち上がるのだった。

あらすじ

賭博がもとで兄と恋人を失った氷室浩次は、二度とダイスを振るまいと決心すると新興工業地宇山市へ現われた。この街ではいかさまバクチで善良な市民から金品をまきあげる依田組の卑劣さが、目にあまるものがあった。氷室は城崎医院の二階に下宿するとバー“クラウン”のバーテンに落着いた。城崎の好意と、明るい看護婦茂子に囲まれた毎日は、氷室にとって楽しかった。ある夜、三年前に家出した城崎の伜周一が帰って来た、医業を捨てヤクザになりはてた周一の姿は城崎には頭痛のたねであった。東京の榊原組に入った周一は、組長から餞別をもらって郷里へ帰って来たのだ。氷室が下宿していることに怒った周一は、恋人のホステス牧子のとめるのも聞かず、すさんだ毎日を送っていた。城崎の苦しみをみかねた氷室は、依田組に加わってダイスを振る周一に激しい怒りを覚えた。数日後、東京の榊原組の子分が依田組へやって来た。榊原組は周一を使って依田組を乗っ取ろうとしていたのだ。この真相を知った氷室は、バーテンを辞めるとどこへともなく去っていった。一方榊原組は、続々と宇山市にやって来た。依田組の花会のあとに一騒動が起きると警察もいろめきたった。やがて当日、単独で賭場へ駈けつけた氷室は、退職金十万円を出して、周一とサシの勝負を申し入れた。周一のいかさまダイスは名人氷室の前には通用しなかった。組長依田との賭けに勝った氷室に、預けられた周一をとりかえそうと依田、榊原の両組は氷室を倉庫街におびき出し銃撃戦を展開した。しかし、和解した周一の協力を得た氷室は、巧みに弾をはずしたが、氷室を心配してかけつけた看護婦茂子は流れ弾にあたって死んだ。苦しみをかみしめる氷室は、またこの街を出てゆく決心をすると宇山をあとにさすらいの旅に出た。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 81
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する