「キャンプで逢いましょう」(1995)

0点--
タレント田中律子の同名エッセイをもとに、若者たちの恋とアウトドアライフの魅力を描いた青春映画。広告代理店に勤める水穂は、憧れの先輩・瑛子とキャンプ場での結婚式を企画するが、アクシデントから瑛子本人が挙式を挙げることになる。ところが、企画はアウトドア・カメラマン豊彦のせいで大失敗に。先輩の結婚と企画の失敗に落ち込む水穂。そんな水穂を見かねた瑛子は、彼女をキャンプに連れ出すがそこで豊彦と再会し、次第に彼の素朴さに惹かれていくのだった……。カヌー、パラグライダーなどアウトドアスポーツも満載。

あらすじ

水穂は広告代理店に勤めて三年になるキャリア志向の女性。恋人は売れっ子カメラマンで財閥の御曹司の高木。仕事の先輩であり憧れの女性でもある瑛子とコンビを組み、仕事も私生活もテキパキとこなしている。水穂と瑛子はキャンプ場での野外結婚披露宴というイベントを企画するが、直前で当のカップルが婚約を解消し、急きょ瑛子が出入り業者の中井と式を挙げることとなった。式の当日、偽装結婚ながら幸せそうな瑛子の様子に釈然としないまま水穂が現場を仕切る。いよいよクライマックスを迎えたその時、超マイナーなアウトドア雑誌のカメラマン兼記者・豊彦によって式は目茶苦茶にされてしまい、おまけに豊彦はイベントを批判する記事を書いた。企画は失敗、しかも瑛子は本当に結婚して仕事を休業すると宣言し、水穂は落ち込む。それを見かねた瑛子は水穂をキャンプに誘い、そこで水穂は豊彦と再会、マイペースの豊彦に引きずり回されるうちにいつしか心も癒されていった。新しい仕事に取りかかった水穂は、豊彦が撮った写真を使おうとし、その交渉のため豊彦と二人でキャンプに行くことになる。週末のキャンプを経験して水穂はしだいにアウトドアの魅力と豊彦の人間性に惹かれていった。水穂が初めて一人で手掛けた仕事は成功を収め、新しい自分を見つけた水穂は、仕事をやめて海外で一緒に暮らそうという高木の申し出を断る。一方、水穂を追いかけるうちに高木の仕事の一流ぶりを思い知った豊彦は、カメラマンとしての夢を実現するためカナダへ旅立とうと決心していた。それを知った水穂はまるで恋人が秘密を持っていたかのように豊彦に対して腹を立てるのだった。豊彦がカナダへ発つ日、キャンプ場で瑛子の送別会が開かれる。と、豊彦の後ろ姿を見つけた水穂はあとを追ってカヌーに乗るが、それが人違いと分かった時水穂のカヌーは急流に巻き込まれていた。折しも水穂に会おうとキャンプ場を訪れた豊彦が救出に向かい、二人は激流を流された末、中井や瑛子の手によって助けられる。その夜、キャンプファイヤーの火の前で水穂と豊彦は、豊彦がカナダから帰る一年後に「キャンプで逢いましょう」と約束するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 大映=パル企画=三井物産=徳間ジャパンコミュニケーションズ
上映時間 104
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する