「さすらいは俺の運命」(1965)

0点--
ヤクザ仲間の争いで恋人・利子を失った氷室は、2度とダイスは持たないと心に誓った。だが利子の姉・咲江が経営するレストランが、彼女を自分の女にしようとする町の実力者・貴島の陰謀で膨大な借金を抱えていると知った時、彼は再びダイスを握る決心をする……。

あらすじ

ヤクザ仲間の争いで、恋人利子を失った氷室浩次は、二度とダイスを持たないことを誓って利子の墓を訪ねた。墓には利子の姉咲江とその子供順がお参りしていた。そこへこの町の議員をしている貴島の娘杏子と、賭博屋・政がやってきた。氷室はこの町のボス延岡の賭場で一もうけしようとする政の誘いを断り、杏子の無軌道ぶりをいさめて町へ帰った。町では咲江の経営するレストラン・ハウスが延岡の乾分にいやがらせを受けていた。みかねた氷室は、乾分たちを海岸に連れだし殴り倒した。しかし巧名心にかられた政の口から、氷室が、名だたるダイスの名人であることが知れ渡った。一方貴島は莫大な金をレストラン・ハウスにつぎこみ咲江をしばり、二号にしようとしていたが咲江が自分の自由にならないと知ると、腹いせに腹心の都下延岡を使ってレストラン・ハウスをつぶそうとしていた。さらに延岡は、殺し屋・柏木と三村を使って氷室を狙わせた。そしてある日、氷室は海岸で柏木と三村の拳銃にとりかこまれた。が、そんな氷室を救ったのは政の拳銃であった。一方レストラン・ハウスの経営はしよいよ苦しくなりこ氷室は咲江のためにダイスをにぎる決心をした。柏木とのサシの勝負。レストラン・ハウスの借金を棒引きにするか氷室が町を去るかを賭けようというのだ。氷室にイカサマ・ダイスを見破られた柏木は乾分に氷室を襲わせた。大乱闘の末、氷室は延岡らを海岸に追いつめた。岩穴に逃げこんだ延岡らの上に岩がくずれ海水が流れこんだ。貴島も前非を悔いレストラン・ハウスを咲江にかえした。氷室は今は改心し彼を慕う杏子の想い出を胸に秘め、またさすらいの旅に出ていくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する