「ザ・ギャンブラー」(1992)

0点--
アンソロジー・フィルム「アゲイン」などを手掛け、日活アクション・ファンを自認してきた作家、矢作俊彦が思い入れたっぷりに撮り上げた無国籍アクション。ガン・アクションこそ少ないものの、ハードボイルド感覚あふれた作品に仕上げている。舞台は無法地帯と化した町。ここに流れ着いたおたずね者の若いギャンブラーと、かつてはスゴ腕と恐れられ、落ちぶれた中年ギャンブラーの対決を描く。日活アクション時代に一世を風靡した宍戸錠が、往年の名キャラクター“エースのジョー“として、アル中を克服して勝負を挑む中年ギャンブラーを好演。

あらすじ

昭和74年。世界中から流れついたあらゆる人種が棲みつき無国籍化した無法地帯。国家によって封鎖されたこの《町》に、さすらいの男(プレイヤー)が流れ着いた。カードの腕は超一流だが、ラスヴェガスで問題を起こし首に10万ドルの賞金がかかっている。彼の腕を見込んだ台湾マフィアの大物(ターレン)が半月後に迫ったギャンブル・パーティを仕切ってくれと声をかける。しかし「俺はもうプロじゃない」と断るプレイヤー。ターレンは、プレイヤーのあとを追うようにやって来た元傭兵の女(ソルジャー)を用心棒に雇った。ターレンのクラブを出たプレイヤーは合理的な近代ヤクザ(オナラブル)のもとに身を寄せる事になる。そこでひとりのアル中の男に勝負を挑まれる。その男こそエースのジョー。20年前なら、知らないというだけで命がなかったというヤクザであった。半月後、アル中を克服しターレンのギャンブル・パーティを仕切るジョーとプレイヤーが一騎打ちを行う。ターレンはジョーが負けないようイカサマを仕掛けるがジョーは拒否。結局プレイヤーが勝負に勝つ。ジョーは裏切りの罪でターレンの手中に落ちてしまう。奇妙な友情のもと、プレイヤーとソルジャーはジョーを助け出すが、ジョーはターレンに撃たれ「ゲームは人生と同じだけ続き、そして終わる」と言い残し絶命する。そして、プレイヤーとソルジャーはまた別の町に流れてゆくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
上映時間 93
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する