「SAEKO」(1994)

0点--
新宿・歌舞伎町を根城にする女探偵、冴子。彼女の仲間は、バーのマスター内藤、そして伝説化しているヤクザの藤原。その藤原が久しぶりに出所し、藤原の弟分は、今は他の組に取られた縄張りを、藤原を盛り立てて取り戻そうとするが……。コメディアン内藤陳とプロレスラー藤原喜明。二人の“地“のキャラクターを生かした、異色ハードボイルド作品。ビデオ発売時タイトルは「冴子・新宿事件屋稼業」。

あらすじ

冴子は新宿・歌舞伎町を寝ぐらにする家出娘専門の私立探偵。彼女は、暴力団組長の依頼で捜し出した暴走族のリーダー・愛子に気に入られ、嫌々ながらコンビを組むことになった。その頃、抗争事件で懲役に出ていた藤原が出所し、伝説のマンハントチームとして名を馳せた相棒、内藤の店で3人は再会する。冴子たちは、男と暮らしている失踪した娘マリ子捜しの依頼を受ける。マリ子の男は藤原の弟分で、組の再建に乗り気でない藤原にあせりを感じていたが、対立する八代組と争いになりマリ子と共に殺されてしまった。責任を感じる藤原。マリ子の子供を引き取る冴子。一方、調査中の多発する女子高生連続失踪事件のウラにレズ専門の人身売買組織と八代組の存在を見た愛子は、逆に彼らに捕まってしまう。冴子と藤原は救出と復讐のため人身売買会場へ乗り込むのだが、藤原は相討ちで倒れ、愛子は救出したとたんに八代組に殺されてしまうのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 ウィズ=ウッドオフィス
上映時間 95
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する