「子連れ狼・その小さき手に」(1993)

80点80
柳生一族の画策により妻を殺され、公儀介錯人の地位も追われた主人公、拝一刀が復讐を誓い、息子の大五郎を連れて旅に出る……。このおなじみの物語を、原作者、小池一夫の強い希望により、活劇調の前シリーズとはうって変わって、親子の情愛や絆を前面に押し出して描いた本格派時代劇。かつてのトレード・マークであった“乳母車“は登場せず、アクションも豪快さは消えたものの、情感豊かな好作に仕上がった。ラスト、波打ち際で繰り広げられる主人公と宿敵、柳生烈堂との対決は、緊張感にあふれ見ごたえがある。

あらすじ

公儀介錯人・拝一刀は妻・あざみ、息子・大五郎とともに幸せな日々を送っていたが、その地位を奪い幕閣に揺るがぬ権力の座を築こうとする惣目付・柳生備前の謀略により、将軍家に弓引く逆賊の汚名を着せられてしまう。屋敷を襲われ、あざみを斬殺された一刀は、柳生の当主蔵人を倒し、また闇の刺客集団・裏柳生の総帥である烈堂の助言を得た次男兵庫も倒した後、柳生の非を天下に糺すことを誓い、大五郎を連れて旅に出た。三年後。各地を放浪し“子連れ狼”の噂が広がった一刀は、立ち寄った磐城藩で、城代家老の二谷監物から聞いた柳生による磐城藩取り潰しの陰謀を事前にくいとめる。企みを阻止された柳生は次々と刺客を放つが、それも一刀は討ち倒してゆく。だがその戦いの中には、兵庫の妻・千鶴や、烈堂の娘・七生の姿もあった。遂に烈堂自ら一刀の前に現れ、互いに剣に生きる者、裏に生きねばならぬ者として奇妙な友情を感じながらも宿命の立ち合いを開始した。そして息子・大五郎の見守る前で、一刀は列堂を倒すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国 日本
配給 小池一夫事務所
上映時間 119
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する