「実録安藤組・襲撃篇」(1973)

0点--
元安藤組組長・安藤昇が主演した彼自身の実録もの第3作。昭和33年、興行関係と賭場で手広く商売していた安藤昇が、借金の取り立てを頼まれた中江産業の社長から侮辱を受け、これを襲撃。ついには愛人宅で逮捕されるまでを、リアルに描いている。

あらすじ

昭和33年。昭和27年に結成された安藤組は、安藤興業と名を新め、興行関係と賭博を中心に手広く商売をしていた。ある日、丸栄商事社長・先山が中江産業社長の借金取立てを安藤昇に依頼した。だが、借金取立てに行った安藤は、中江に追い帰えされてしまった。早速、安藤は幹部全員を召集し、中江襲撃を取り決めた。そこで赤坂支部長・矢崎は、同準幹部・平田武を呼び出し、中江襲撃を命じた。平田は中江の事務所に忍び込み、中江の肩を目がけて銃弾を見舞い、逃走した。その頃、安藤と子分の勝は熱海の旅館に待機しており、矢崎の知らせによって中江襲撃が終ったことを知った。翌日、銀座署小沢警部等は安藤興業の家宅捜査に乗り込むが、安藤の行方は判らなかった。警視庁は安藤の逮捕に全力を投入、安藤の自宅、情婦の家を次々と家宅捜査した。やがて、愛人の圭子と逃亡中の平田、矢崎たち幹部が逮捕されていった。一方、安藤は情婦・康子、友人の田所の家を転々とし、葉山の別荘にひそんでいた。だが、警察は安藤が葉山に逃亡していることを知り、武装警官数十人で葉山へ向った。その日、安藤と幹部の水木がのんびり将棋をさしている時、警官隊がなだれ込んで来た。無抵抗のまま逮捕される安藤。ここに、安藤昇の34日間にわたる逃亡に終止符がうたれた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 東映東京
上映時間 95
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する