「しあわせの一番星」(1974)

0点--
明るいお手伝いさん、16歳の美世子の奮闘ぶりをさわやかに綴った青春映画。ガンコ一徹な主人をとり成して、彼の娘をおでん屋の好青年と結婚させ、自分もまたクリーニング屋の若者と結ばれる。当時・新進の山根成之監督のてらいのない実直な演出に好感が持てる。

あらすじ

十六歳の美世子は、この春、ふるさとの山々に別れをつげ、鎌倉市にある神山家にお伝いさんとして就職した。神山家は下宿屋を経営しており、下宿人は銀座のクラブでレジ係をしているジャネットとOLの沙織。神山家の当主・周造は、もと刑事部長を勤めたことのある六十一歳のガンコ爺さん。だから、一人娘の夕子が小さなおでん屋を経営する武と恋愛中と知ると、大反対するありさま。でも、さすがの周造も太陽のように明るい美世子の働きぶりにはつい頬がゆるんでしまう。ある日、武の子を身ごもった夕子は、周造と衝突して家を出てしまった。一人娘に去られた周造は寂しさを紛らわすために競艇場へ行った。そこで偶然にも、昔の部下のスリ係刑事・左近とジャネットの二人に出会った。周造は左近にジャネットを紹介した。何故か刑事と聞いてドギマギしているジャネットの美しさに、左近は一目で心を奪われてしまった。一方、美世子は、大好きな西城秀樹にそっくりなクリーニング屋の店員・英雄と仲良しになり、毎日が楽しく過ぎていた。そして、すっかりおでん屋のおかみさんにおさまった夕子に赤ちゃんが生まれたので、美世子は周造に仲直りするようにすすめるが、周造は頑として初孫を見ようとはしなかった。一方、左近は周造を通じてジャネットにプロポーズした。しかし、彼女は競艇場を稼ぎどころとするスリで、左近を愛し始めたものの、彼の前から姿を消そうとしていた。そんなジャネットの秘密を知った美世子は、ジャネットに、左近との新しい生活に飛び込むように勇気づけるのだった。やがて美世子の努力が功を奏して、左近とジャネットは結ばれた。それから数日後、美世子と英雄は、周造と夕子の赤ちゃんを対面させることに成功。初孫の顔を見た周造の胸に熱いものがこみあげ、いままでの夕子への虚勢も一度に崩れた。そんな周造を見た、美世子と英雄は顔を見合せてニッコリ微笑えんだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1974年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 86
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する