「三匹の野良犬」(1965)

0点--
小林旭扮する主人公は、保税倉庫からダイヤを強奪して警備員を殺した犯人の濡れ衣を着せられ、投獄される。彼は、復讐に燃えて脱獄するが……。旭に協力する金庫破りの名人、金持ちのプレイボーイと日活のスター3人をそろえたアクション作品。

あらすじ

死刑囚岡本隆は刑務所に護送される途中、木暮、平野両刑事に体当りを食わせて逃げだした。それから数時間後、岡本はアイビー姿の若者英次が運転するスポーツ・カーをかって、巧みに非常線をくぐりぬけていた。東京に戻った岡本は、先ず彼のボス片桐を訪ねた。−−岡本が片桐組の幹部だったころ、彼は資金づくりのために、組員権藤、白坂、三上らと共に、横浜の保税倉庫におし入り、巨額のダイヤを強奪した。ところがこのとき権藤は、警備員を射殺してしまったのだ。が、事件後、権藤は白坂、三上を抱きこんで岡本一人に殺人、強盗の罪をなすりつけてしまったのだ−−。そして今、岡本は復讐を誓って片桐組を訪ねたのだ。だが、片桐はすでに殺されていた。そんなとき、組の大金庫を狙って、金庫破りの名人“分別の秀”が押いってきた。二人は金庫をめぐって激しくもみあった。そこへ、英治が血相をかえてとびこんで来た。金庫に爆薬が仕かけてあったのだ。危機一髪難を脱れた三人は英次のマンションにかくれ、一億円のダイヤをとりかえすべく手を握りあうことになった。三人は白坂、三上、権藤らが東海産業を牛耳っていることを知り、たくみに身分をいつわって、岡本がライバル会社の日光海運に乗りこめば、英次も東海産業のボーイとして潜りこんだ。まず岡本は、今は白坂の情婦になっている、昔の恋人亜矢を責めて、白坂が片桐を殺したこと、ダイヤが駅のロッカーにかくされていることを聞きだした。だが、そのころ日光海運の社長会田も一億円のダイヤの秘密を知り、日光海運と東海産業の間に死闘がくりひろげられた。一方、ふとしたことから知り合い団結した、岡本、秀、英次の三人は、復讐のために、あるいは金を目当てに、ままならぬ運命におし流されていくのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 86
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する