「ZAZIE」(1989)

0点--
1981年に撮った8ミリ「教訓 I」でPFFに入選した利重剛。その彼が初めて作った35ミリ映画で、“アミューズ・10ムービーズ“の第2作。元ロック・ミュージシャンの“ザジ“は、伝説的な存在になっている。彼は東京のベイエリアに住み、就職した会社も辞め、もう一度自分を見つめ直そうとしていた。彼の周りには、ミュージシャンとしてザジが復活することを望む友人、羨望するファン、彼を愛す女性などが集まって来る。ザジを中心とした青春群像の行く末は……。ザジに扮した“横道坊主“のボーカル、中村義人が好演。利重監督はビデオ・カメラや手持ちカメラなど、自主映画で培った手法をふんだんに使い、今を生きる若者の心の痛みを活写している。

あらすじ

東京・ウォ−タ−フロント。朽ちた倉庫群のある街に、伝説のロックンロ−ラ−・ザジが帰ってきた。疾走することに疲れ、5年ぶりに街に戻ってきたのた。ザジは日常起こるすべてのことをなすがままに受けとめようとし、自分自身をあるいは自分が見たものをビデオカメラで撮り始めた。そんなザジに喫茶店のウェイトレスで画学生ブンは心惹かれ、OLの恭子やモデルの恵も心の拠り所にするようになる。しかし、状況はザジの思い通りには進んでいかない。かつてのバンド仲間の達夫やチンピラの洋助は、ザジに夢を託しバンドを再結成しようとした。ザジは断わり続けていたが、彼をカリスマ視する青年砂田も復活を望んで関わってくる。さまざまな人との繋がりの中でザジはなおビデオを撮り続けた。砂田はザジの煮えきらない態度にフラストレーションを高め、憧れはやがて憎しみへと変わっていった。そして砂田が仕掛けた事件にザジは巻き込まれ、撮影中のビデオは混乱し、再び疾走していったのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 BRAIN STORM MUSIC=アミューズ・シネマ・シティ=イレブン音楽出版
上映時間 95
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する