「新サラリーマン専科」(1997)

0点--
三宅裕司演じる平凡なサラリーマン、石橋万作が繰り広げる騒動と人間ドラマを描く喜劇シリーズの第3作。妻、たか子の父・庄助と同居を始めた石橋家は、破天荒な彼に振り回されっぱなし。一方、総務部課長となった万作は取引先のデパートから中身を知らぬままに、 200万円分の商品券が入った袋を受け取ってしまう。賄賂トラブルに巻き込まれた彼は悩んだあげく、意を決して商品券と直訴状を添えて社長への目安箱に入れる。そんな時、家では庄助が失踪するという事件が起きていた。庄助に扮した森繁久彌の怪演が圧倒的。

あらすじ

日向電機に勤める平凡なサラリーマン・石橋万作の家に、妻・たか子の父・寺内庄助が転がり込んできた。どうやら、老人ホームへの入居を勧める兄夫婦の家を飛び出してきてしまったらしい。万作はそんな庄助を快く迎えてやるが、庄助は孫たちにチンチロリンを教えたり、アダルトビデオを持ち込んだり、食事に文句をつけたりと、何かとトラブルを巻き起こした。一方、万作は会社でもトラブルに巻き込まれてしまう。総務部課長に昇進した彼は、中元や歳暮のみならず、備品の購入に到るまで、会社が全てを仲丸屋デパートと単独取引していることに疑問を抱いた。そして、その仲丸屋の接待に上司の冬木部長たちと出席した万作は、帰りのお土産袋の中に200万円分の商品券を発見する。そのことがきっかけで、冬木部長が長期に渡って賄賂を受け取っていたことを知った万作は、クビを覚悟で、直訴状とともにその商品券を社長室の前の目安箱に投函した。その頃、家では庄助が行方をくらまして大騒ぎが起きる。実は、庄助は福井県の三方五湖を旅していた。そこで、新宿でソープ嬢をしているルカという女性に出会った庄助は、居心地の悪い実家へ真っ直ぐ帰れずにいた彼女を優しく説得してやり、実家に帰る決心をさせてやる。翌日、庄助は東京へ戻り、贈賄事件も万作の勇気ある告発が社長に高く評価され、冬木部長が免職処分となったことで一件落着した。それから後、平和を取り戻した万作一家は休みを利用して、老人ホームに入居している庄助を訪ねる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 松竹=アミューズ
上映時間 107
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する