「鉄砲玉の美学」(1973)

【DVD発売中】

60点60
黄金期の東映で、数多くの商業映画の名作を生み出した中島貞夫監督が、ATGで撮った作品。報酬につられ、九州征覇を目論むヤクザの手先となって宮崎に乗り込んだ一人のチンピラを描く。自爆にも似たラストシーンの壮絶な死が強い印象を残す。

あらすじ

関西に本拠を持つ広域暴力団天佑会は、九州に進出する為に、同会に所属するチンピラ、小池清を“鉄砲玉”としてM市へ飛ばすことに決めた。この頃、清は何もかもツイていなかった。兎のバイも全く思わしくないし、情婦とも喧嘩したし、ハジキ一挺に、自由に使える現ナマが百万円!「やりま!」たった一言、清の返事は短かかった。M市での初めての夜。恐怖と緊張で全身を硬わばらせながらも、清は「天佑会の小池清や」と名乗って、精一杯、傍若無人に振舞ったが、どこからも反撃の気配すらなかった。酒はいくらでも飲めた。面白いように女が寄って来た。一寸した傷害事件がキッカケで、清は最高の女を手に入れた。地元の南九会の幹部・杉町の情婦、潤子である。もはや清は何も疑わなかった。最高に生きるという事はこういうことや! M市から離れた静かな地方都市を潤子と腕を組んで散歩する清には、ヤクザの顔は微塵もなく、ただ、満ち足りた平凡な一人の若者の顔しかなかった。こうして波は二十四歳の誕生日を迎えた。だが、その日、潤子の姿が彼の前から消えた、呆然とする清。M市へ来た当初、一刻たりとも傍から離さなかったハジキは、遂に意外な方向に向けて発射されることになった。天佑会の九州進出が中止されたことにより、バックの無くなった清めがけて南九会の反撃が開始された……。数時間後。潤子と二人で行く約束をしていた雲仙行きのバスの中に息絶えた清の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1973年
製作国 日本
配給 ATG=白楊社
上映時間 100
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する