「砂の小舟」(1980)

60点60
砂の中に埋もれていた古い小舟に導かれて洞窟の奥深く入った17歳の少女と、口がきけない16歳の少年が体験する妖幻な世界を描いたメルヘン・タッチの作品。のちの丹波の活動を示すかのように、作品のなかに冥府への関心が現れている。別題「丹波哲郎の地上より大霊界」。

あらすじ

間もなく十七歳になろうとしている少女と一歳年下の少年がいた。二人は幼い頃から仲良しだった。少女の尻には大きな痣があり、少年は生まれながらに声が出なかったからだ。ある日、二人は海岸で砂に埋もれた古い小舟を掘り出す。二人は舟を修理して沖の小島に乗り出した。小島の海岸をはしゃぎ回る二人。すると舟も小犬のように波打ち際を追ってくる。村に帰ろうとする二人は小舟に乗ると、すごい勢いで、思いもかけぬ方向へひとりでに進み出した。小舟は大きく開いた大洞窟の中へ突入。二人はその穴が千年前のタイムトンネルであることに気がつかない。二人は五歳ぐらいの少女の案内で立派な部屋に通された。突然、頭上から五色の薄布が舞い下りてきて、二人は埋もれてしまう。正面の襖が開き十二単の女性が現われる。やがて、五色の布の下から現れてきたのは気を失った二人の姿。しかし、先程まで着ていたものは消え失せ、少女は見事な十二単、少年は美しい姿であった。そこで二人は、かって見たこともない妖しく、美しく、恐ろしい禁断の園をめぐる。例の小舟は何百年もの間、砂の中に閉じこめられていたのを二人が掘り出し、修理して水に戻してくれたお礼に、どうして少女のお尻に痣があるのか、少年の声がなくなったのか、それが千年前に原因があることを教えようとしたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1980年
製作国 日本
配給 丹波企画
上映時間 100
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する