「さよならニッポン!」(1995)

0点--
日本最南端の島・赤尾根古島は、台風の被害に遭いながらも政府の対応の悪さに憤りを感じて日本から独立を宣言。村長から大統領になった大瀬利は理想の国作りに向けて奔走するが、日本国政府はたかをくくって相手にしない。そんな中、独立を承認する国が増えていき北朝鮮が承認するとの噂も流れ、政府は島を包囲。窮地に立たされた大瀬利はアメリカに救いを求め世紀の大バクチを打つのだった……。日本から独立宣言をした島民の奮闘ぶりをコミカルに描く。緒形拳が「国会へ行こう!」に続き、ここでも政治改革に乗り出す村長を熱演している。

あらすじ

日本最南端の島・赤尾根古島は、人口700人の小さな離島である。度重なる大型の台風に襲われ大きな被害を受けたが、本島からの救援物資も遅れ、政府の援助対応も遅い。しかも家屋倒壊の原因は沖縄県による中途半端なリゾート工事にあった。日本国から虐げられていると感じた村長・大瀬利は、日本からの独立を宣言。分家の反対を受けるも、カンカリヤ(実は大瀬里の愛人)のお告げで強行した。大瀬利は自ら赤尾根古国大統領を名乗り、村役場を国会議事堂と命名する。一方、赤尾根古島きっての秀才で東京の大学に通う久部良のアパートの部屋を赤尾根古国大使館と命名し、大瀬利の指示でそこから世界中に独立宣言文を送付させた。さらには、島と本島を結ぶ橋の間に検問所を設け、入国して来る者にはパスポート提示を義務づける徹底ぶり。たかが小さな島の独立宣言だとたかをくくった日本国政府は沖縄県にその処理を一任するが、独立を支持する島民たちの抵抗にあい、なすすべもない。しかも、北朝鮮が赤尾根古国を承認するなどの噂も立ち、国家的問題に発展してしまう。頑固な大瀬利に内閣法制官も動きだし、ついに自衛隊による一斉攻撃も辞さないという一触即発の事態を迎える。島民たちにも不安の色が次第に濃くなり、島に代々伝わる神の書による、空からの飛来物によって島が滅亡するという噂も囁かれ、選択を迫られた大瀬利は、沖縄駐屯の大佐に島の下に眠るウソの油田に関するワイロの話を持ちかける。それによりアメリカの承認を得ることに成功して日本政府を出し抜いた大瀬利は、大統領としての手腕をさらに発揮するのだった。独立記念の祭りに沸く島民。その時、彼らの頭上に流星が飛来して、島の神聖なる場所に落ち、そこから石油がわき出るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1995年
製作国 日本
配給 MITグループ=ぶんか社
上映時間 110
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する