「父と子」(1983)

0点--
父の過去に秘密があることを知り、その鬱屈した心から教師を傷つけ、心を閉ざしてしまった息子。その息子の心をほぐそうと、郷里である東北へ二人旅に出ようという父親。やがて父の秘密が明らかになり……。被差別社会に触れた硬質の社会派作品。

あらすじ

高校生の高志は、父、竹一に秘密があることを知る。小料理屋を営む実母の豊子は、久しぶりにたずねてきた息子に「父さんの生れた阿慈っていう町のことを知ってるかい」と話した。数日後、些細なことから高志が担任教師をナイフで傷つけてしまった。突然の出来事に驚く竹一は、高志に理由を問うが、判然としない。ルートバンの移動書店を生業とする竹一は商売を理由に一度も高志の学校に足を向けず、父と子の溝は深かった。家に帰れば後妻の由枝がわめきたてることから、竹一は高志と一緒にバンで旅に出ることにした。車はいつしか、竹一の姉、百合のいる盛岡に向っていた。二人っきりでゆっくりと話し合おうと竹一は思ったものの、宿でも高志は心を閉したままだ。途中、二人は若い娘トメ子に出会った。仙台まで同乗することになったトメ子の前で高志は明るい表情を浮かべ、うって変った息子の表情に、竹一は戸惑いさえ覚えてしまう。仙台でトメ子を見送った高志は、一見陽気そうな彼女のなかに、一沫の淋しげな様子を感じ取り、自分と同じように、心のどこかに痛いところがあるんだなと思う。二人は盛岡に着いた。小さなスナックを開く百合の、あっけらかんと自分の過去を話す姿に、高志は親しみを覚えた。竹一は高志を市内見物に出した後、百合に全てを打ち明けて相談した。竹一ははじめて息子のことを真剣に考えていた。百合にも励まされて、高志に全てを話そうと決心する。翌朝、百合も同乗した竹一の車は、青森と岩手の県境にある故郷の阿慈に向った。やがて車は火葬場で止った。竹一は「ここが父さんの生れた家だ」と高志に静かに告げた。家業を継いだ弟の桐二が今しも赤ん坊を火葬にふそうとしていた。棺にふして泣き叫ぶ若い母親を押しとどめる桐二。その異様な光景を高志は硬直したように凝視していた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1983年
製作国 日本
配給 サンリオ・フィルム
上映時間 112
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する