「俺は上野のプレスリー」(1978)

0点--
「俺は田舎のプレスリー」の姉妹編ともいうべき作品。青森から東京に出てきた青年が、苦労しながらもひたむきに生きていく姿をコミカルに描く。都会生活が肌に合わない青年の下宿に転がり込む同郷の後輩に、吉幾三が扮する。東北訛りがかえって新鮮な味を出す。

あらすじ

21世紀のスーパー・スターを夢みて、津軽をあとに上京した中里弥三郎は、ある民謡酒場でギターを抱えてアルバイトをやっていた。福士幸介も津軽をあとにして、東京の小さな駅で駅員をしていた。幸介には、東京の空気が肌に合わなかったが、毎日、改札口を通る裕美が好きで、故郷に帰る決心がつかない。もっとも、幸介はまだ彼女と一言も交わしたことがなかったのだが。ある日、幸介は不正乗車の客をつかまえた。見れば故郷で同級だった弥三郎である。これがキッカケで、幸介の下宿に弥三郎が転がり込んできた。ある夕方、幸介に絶好のチャンスがめぐってきた。裕美が自転車の故障で困っていたのだ。必死に修理した幸介、これが縁で、次の休みに一緒にサイクリングに行く約束をした。一方、弥三郎も、得意のノドを生かして上野のスナックでアルバイトを始めた。その店のママ・マキは弥三郎をかわいがり、弥三郎もマキの美貌にまいっていた。約束の休みの日、幸介は裕美とサイクリングに、弥三郎はマキとドライブに行った。しかし、弥三郎は車の中で、マキがモト男だったことを聞いて、ほうほうの態で家に逃げ帰るのだった。幸介の方も、初めのデートから、たいした進展もなく、ふがいなさに自己嫌悪におちいっていた。しかし、幸介は、なかばヤケクソで裕美に必死にプロポーズをすると、彼女は、うれしそうに頷くのであった。クリスマスの夜、幸介、裕美は、民謡酒場でめでたく結婚式を上げるのだった。しかし、丁度その頃、弥三郎はといえば、サンタのサンドイッチマン姿でアルパイト中、マキに見つかり、あわてて逃げ回っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1978年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 87
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する