「大江戸出世双六」(1955)

0点--
高田浩吉が一心太助に扮し、正月映画らしいにぎやかな顔ぶれが揃った娯楽時代劇。大久保彦左衛門の子分、一心太助は、源兵衛長屋に移り住み魚屋を開業。この長屋にお忍びでやってきた将軍家光は、すっかり町人生活が気に入り、おちかという娘に恋心を抱く。ところがおちかは、大阪夏の陣で逃亡したと言われる旗本の娘だった……。

あらすじ

天下の御意見番大久保彦左衛門の仲間一心太助は、家康公より拝領の皿を割ってしまった腰元お夏を手打から救ってやったが、うるさい武家奉公がイヤになり、源兵衛長屋へ引越して魚屋を開業した。この長屋には、太助に色眼をつかう家主の娘おせんをはじめ、産婆のおかん、あんまのおよね夫婦、唄の好きな大工の吉五郎とおはまの新婚夫婦、浪人竹内与五郎、そして、病身の母に孝養をつくすおちかと新之助の姉弟などが住んでいる。さて太助は、長屋に無理難題を吹ッかける大目付川勝丹波守に楯をついて相変らずの気骨ぶり、そのころ、将軍家光が口うるさい矢島の局の眼をくらまし、彦左の案内でこの長屋へやってきた。暢気な町人生活がすっかり気に入った家光、そればかりか孝行娘おちかに淡い恋ごころをおぼえてしまう。ところが、そのおちかが大阪夏の陣で逃亡した旗本中野源十郎の娘であることが知れ、誰よりあわてたのは浪人の竹内と川勝丹波守だ。というのは、おちかの母に気のあった川勝が中野源十郎を殺して行方不明といいふらし、その悪事を嗅ぎつけた竹内が川勝をゆすっていたからだ。秘密を守るためおちかを殺そうと図る川勝一味と、彦左衛門、太助たちとの間に、智恵くらべ、腕くらべがはじまった。松平伊豆守ら旗本の応援もあって、彦左と太助はめでたく川勝一味を倒したが、矢島の局の迎えを受けた家光はおちかと涙の別れを告げ、城へ帰った。そして太助は新妻姿のお夏に見送られて、元気よく町へ商売に出かけて行くのである。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1955年
製作国 日本
配給 松竹京都
上映時間 91
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する