「青空に一番近い場所」(1994)

45点45
サラ金に追われ、同僚にも自殺されたサラリーマン俊太郎は、行き場を失って立ち入り禁止の会社の屋上に逃げ込む。そこは、許された者だけが足を踏み入れることのできる、不思議に心やすらぐ異空間だった……。劇団・第三舞台の演出家、鴻上尚史が監督した、人生に疲れた現代人に贈るファンタジー。

あらすじ

サラリーマンの北川はノルマを埋めるために自分で会社の商品を買い続け、借金が900万円に。サラ金の取り立てに追われ、会社ではハッパをかけられる日々。ある日、やくざみたいな取り立て屋に追われ、逃げ込んだ会社の屋上で、彼は不思議なおばあちゃんとOLの花菜子に出会う。屋上で花菜子たちと″だるまさんがころんだ″などに興じている間だけ、彼は現実から逃避した。さらに北川はノルマに追われて自殺したはずの元同僚・山口をはじめ、天国ヘ行けず屋上に留まる人々にも出会う。最初は殺風景だった屋上はやがて原っぱになっていった。だがいったん屋上から降りてくると相変わらずサラ金に追われ、さらに山口の自殺や会社の強引な商売をめぐって警察が動き出したりのトラブルが急速に展開。そして遂に北川が現実を直視しようとした時、屋上は一面のひまわり畑になっていた。天使の翼を広げて空に戻っていくおばあちゃん。そしてマスコミに追われ飛び降り自殺をしようと屋上に上がった社長はそのひまわり畑を前に自殺を思い留まる。自殺を助けた美談とともにひまわり畑を残すことになった屋上には、北川と花菜子の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1994年
製作国 日本
配給 サードステージ=ライトヴィジョン
上映時間 102
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する