「葵の暴れん坊」(1961)

0点--
農民に肩入れする地回りの親分が、縄張り争いのため宿敵・助五郎に殺された。跡目を継いだ笹川の繁蔵は、遺言を守って子分をいさめていたが、出世欲に取りつかれた代官に取り入り、農民を苦しめる助五郎に堪忍袋の緒を切らし……。大川橋蔵の侠客もので、無頼の剣豪・平手造酒に扮した内田良平が好演。

あらすじ

桑名松平定重の次男源之助は、父の勘気を蒙り、柳生の藩主備前守俊方のもとに身を寄せ、柳生流の奥儀を学んでいた。源之助は、親友の本田新八郎に妹姫をめあわせる約束をしたが、二人の妹が嫁いでしまったことを知り困ってしまった。だが、若い頃の父が艶福家であったことを思い出し、その御落胤に望みを託した。源之助は桑名城下に向った。ゆくゆくは夫となる源之助に嫌われたと思いこんだ柳生の姫君綾は、女の恥をそそごうと源之助の後を追った。源之助は、南条勘兵衛、横田伝右衛門という狼人と連れになり、ふとしたことから加太峠の山賊の根城に連れこまれた。すでに先客が三人。信という娘と伯母の兼、女衒の巳之吉が捕われていた。ところが、なんと信は定重の三女であるという。山賊の頭である金左衛門は、信姫のお守役として賞金にありつこうと考えた。源之助も身分をかくし、信姫の指南役をかって出た。しかし、信姫は巳之吉に買われた身であるといい、遊女屋「清春楼」に住みこんでしまった。この「清春楼」では、桑名藩勘定奉行向井将監、お舟奉行岸本勘解由らが米問屋の主人らを集めてよからぬ計画を企てていた。桑名一帯の米飢饉は、勘定奉行の命を受けた米問屋の米の買占めが原因だったのだ。密談を知って手討ちになりかかった信姫を助けた源之助は、新たに米問屋を作り、安く米を売ることにした。しかし、店は向井将藍の輩下に襲われ、米俵を持ち去られてしまった。これも源之助が取りかえした。新八郎が信に心を寄せたが、信が定重の御落胤というのはウソで、実はお兼の実子、お兼の妹が御落胤を死産したことから御落胤として育てられたのだ。しかし、源之助は信を必ず幸福にしてやろうと誓った。一方、将藍一味は源之助を倒す計画を練っていたが、源之助、新八郎、綾姫らは悪人一味を一掃した。悪人一味が一掃された桑名の町は明るくなった。信の素姓を知っても、新八郎は信を妻として迎えることにした。その船出を見送る源之助の側に、綾姫が笑顔で立った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 86
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する