「ときめき海岸物語」(1984)

0点--
南紀州の新宮を舞台に、プロのサーファーを目指す漁師出身の青年と、土地の少女とのひと夏のメモワールを描いた青春映画。地元の暴走族のエピソードなどに、地方で暮らす若者たちの倦怠感などが漂ってユニークな作品に仕上がっている。

あらすじ

南紀州・新宮。ここは全国でも有数のサーフィンのメッカだ。シーズンともなると各地からサーファーが集まってくるが、都会サーファーたちはマナーが悪く、浜は汚すし、住民に迷惑をかける。地元の高校生サーファー仲間の高岡と星野は隣の漁港・太地からやってきた山口と協力して彼らの車のタイヤをパンクさせたり、ナンバープレートを曲げたりと仕返しをする。これをきっかけに高岡と星野は、すっかり山口と意気投合した。その後、彼らはたまり場である食堂「つたや」に集まっては、サーフィンに対する熱い思いを語り合うのだった。この食堂の親父・杉本宏造の一人娘・春江は、山口に対して心魅かれていく。高岡と星野は、プロ級の腕を持つ山口に、湘南で行われるサーフィンの全日本選手権大会に出場するように推めるが、母親が旅館の女中をしており、自らも漁師として母子家庭の生計をたてている山口には、そんな暇も金もない。山口の仕事であるハエナワ漁も大都会の近代企業の波が押しよせさびれるばかりで、彼は転職して高木モータースの整備工として勤めるようになる。仕事に打ち込むようになっていく山口であったが、心はサーフィンが出来ず淋しかった。そんなおり離婚をして、今は大阪にいる母親・阿部節子に、春江が引き取られていった。高校に行けず苦労している春江を思って大阪の女子高に通わせるのだという。春江は「山口君が好きだった」と囁く様に言葉を残して去っていった。一方、山口は高木モータースの社長と口論し整備工場をやめてサーフィン大会へ出場する決意を固めた。山口の特訓が、高岡、星野らの協力で始まった。そんなある日、春江が突然帰って来た。高校での成績もおくれを取り戻す事が出来ず、母親の「勉強! 勉強!」という言葉にもついていけなかったのだ。湘南の大会が近づいて来た。先輩・立中に励まされ、春江、高岡、星野らの見送りを受けて故郷を後にした山口は、汽車の窓から春江に愛を告白する。彼の前には大いなる波が待ち受けていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1984年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 91
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する