「ウィーン物語 ジェミニ・YとS」(1982)

0点--
芸術の都ウィーンを舞台に、国籍の違う双児の兄弟の謎をサスペンス・タッチで描き出した、一連の“たのきん“主演映画の第5作。田原俊彦が一人二役という難しい役どころに挑戦、助演にまわった近藤と野村がリラックスした演技をみせる。ウィーンの風景が美しい。

あらすじ

ウィーンの都。若草俊一は音楽留学生としてこの街に来ており親友の入江豊もここでケーキ職人の修業をしている。二人は養護施設の出身だ。ヨーロッパ一人旅を楽しむ柴田隼人は、姉の京子を訪ねウィーンにやって来た。隼人は京子の紹介で、ウィーン屈指の名門、ローテンベルグ家の一人息子、ヨハネス・ローテンベルグの日本語の家庭教師をすることになった。ヨハネスは日本人とのハーフだった。俊一がバイトをしている酒場に隼人、ヨハネスとガールフレンドのカタリーナがやってきた。自分と瓜二つのヨハネスの姿を見て、俊一は愕然とする。その時、ヨハネスは何者かに連れ去られた。一方、隼人とカタリーナは、俊一がヨハネスにソックリなのに驚かされた。その俊一が店の帰路、数人の男たちに襲われた。意識が戻った俊一は、そこがローテンベルグ家であることに気づく。そして、日本人執事、ミスター・ブンは非礼を詑びると、日本にあるローテンベルグ家の家宝のツィターを探してほしいと依頼する。それは、ヨハネスのローテンベルグ家継承の儀式に絶対に必要であるらしい。その儀式は一ヵ月後に迫っていた。十八年前、ヨハネスの母、綾子は、夫の亡き後、義妹のソフィアに追われるようにして、ツィターと共に日本へ去ったという。日本へ戻った俊一は、綾子の足跡を追い、鎌倉で哀しい最期をとげていたことをつきとめた。そして、ツィターはそこの寺にあった。さらに、中にあった一枚の写真から、俊一とヨハネスが双子の兄弟であることが分った。十八年前、綾子は俊一ひとりを連れて日本に帰ってきたのだ。再びウィーンに戻った俊一はツィターを豊に預けブンと合うが、彼は何も話そうとせず、早く街から立ち去れという。豊は何者かに襲われ、ツィターを奪われていた。その頃、ヨハネスとカタリーナはクロイゼンシュタインの古城に監禁されていた。俊一、隼人、豊はツィターを取り戻すことに成功する。しかし、ミスター・ブンにより俊一は監禁されてしまう。ミスター・ブンはクロイゼンシュタイン城へ向った。隼人、豊、ミスター・ブンはヨハネスとカタリーナを救出した。その日はヨハネスのローテンベルグ家継承の儀式が行なわれる日で、俊一は、ヨハネスになりすまし、彼を待っていた。そこへ、ヨハネス、カタリーナ、隼人、豊がやって来た。祝宴の舞踏会の華やかな音楽が流れる中、兄の俊一と弟のヨハネスは十八年ぶりにめぐり逢った。そこへ一発の銃声! しかし、俊一の傷はあさく、事なきを得た。すべてはローテンベルグ家を乗取ろうとするソフィアの仕業だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1982年
製作国 日本
配給 東宝映画
上映時間 96
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する