「生きていた野良犬」(1961)

0点--
5年前、兄・太郎の身代わりとして逮捕された武部次郎は、入獄中に何者かの手により太郎が殺されたことを知った。出獄後、兄の仇を討つべく調べを始めた次郎は、かつての太郎の弟分で一家を仕切っている木村と坂崎が犯人という情報を得た。事実を確認すべく木村の邸に向かうのだが……。藤原審爾の『くたばれ』を水の江滝子が企画し映画化した。

あらすじ

武部次郎が刑務所から出てきた。五年前、やくざ同士の争いから殺人事件がおこり、次郎は兄太郎の身代りで逮捕された。次郎が入獄中に、太郎は何者かに殺され、平井一家は太郎の弟分大村、坂崎らに支えられていた。むなしく過ごした五年間の青春、兄の仇を討つ次郎の執念は火と燃えた。大村の子分が次郎を尾行した。ある新興都市−−次郎はチンピラの春夫を喧嘩から救ってやった。それが縁で五年前の仲間で、今は食物屋をやっている浜やんと妹の民子に再会した。春夫と民子は恋人同士だった。太郎の死因がわかった。何者かが彼の乗用車に爆薬を仕掛けたのだ。次郎は坂崎の経営するバーにのりこんだ。坂崎はうろたえた。一味の高村が犯人は坂崎と大村だと白状した。が、生証人の高村は謎の自殺をしてしまった。次郎は大村の邸に行った。大村は殺されていた。坂崎の罠だ。次郎が犯人にさせられた。逃げる次郎をストリッパーの民子がかくまった。坂崎は一家の組長になった。大村や太郎を殺したのは彼だった。拳闘試合を見にきた坂崎を、浜やんに呼び出させ次郎が捕まえた。坂崎は組長を殺したのは太郎だといった。坂崎の拳銃が火を吐いた。浜やんが倒れた。坂崎も傷ついた。そこへ警官隊が駈けつけた。坂崎一味は逮捕され、次郎の指名手配はとかれた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 76
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する