「哀しい気分でジョーク」(1985)

60点60
10歳になる息子が脳腫瘍であと数ヵ月の命と知らされたコメディアンの父は、別れた母親のいるオーストラリアへの旅行を計画。しかし、二人だけの旅行を楽しんだ帰路、飛行機の中で息子の命は尽きてしまう。オーストラリア・ロケも美しい、記念すべきビートたけしの初主演作。

あらすじ

ラジオやTVの司会者として売れっこのコメディアン・五十嵐洋は、妻に逃げられ、現在は、東京・麻布の高級マンションで息子・健との二人暮らしをしている。だが、仕事の多忙さのせいにして、健のことは一切マネージャーの善平に任せていた。ある日、善平が健の様子がおかしいので医者に呼ばれていると洋に告げた。その医者から洋は、健が脳幹部脳腫瘍という病気に侵されており、あと数カ月の命だと知らされる。この日から洋は、仕事の量を減らし、家庭での時間を増やしていく。そして、優秀な脳外科医を捜しだすが、彼から手術の成功の確率は少ないと言われ、手術をあきらめ、健に残された日々を充実させようと決心した。事実を知った回りの人々、DJの相棒・悠子、プロダクションの社長・六助たちは、洋に協力をする。だが、彼は仕事に打ち込めずに評判を落としていく。また、美人局・リヨ子にひっかかり、恐喝され大金を巻き上げられてしまう。すっかり落ち込んだ洋だったが、健との約束である別れた妻・美枝のいるオーストラリアへ健と共に旅立った。しかし、その旅費も社長に頼み込んで、自ら興行権を売って作ったのだった。シドニーに着いた洋と健は、美枝が勤める会社を訪ねる。そこで彼らは、美枝が再婚することになり、その結婚式が明日に迫っていることを知らされる。そして、美枝の住む家へ急行するが、幸福そうな彼女と再婚相手、その娘の姿を遠目に見て、声もかけずに引き返す。その日の夕方、健は洋に自分の病気について知っていたと打ち明けた。帰国する日、東京へ向かうジェット機内で健は意識を失っていく。洋は健の好きな「グリーン・グリーン」を歌おうとするが、歌詞もメロディも判らない。そして健は永遠の眠りについた。数カ月後、何もなかったかのようにステージで熱唱する洋の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 108
カテゴリ ファミリー
チケット 前売りチケットを購入する