「ガラスの中の少女〈1988年〉」(1988)

0点--
1960年、吉永小百合と浜田光夫のゴールデンコンビでも映画化された有馬頼義の原作を現代的にアレンジし、当時のアイドル、後藤久美子と吉田栄作のニューコンビで再映画化。国務大臣を父に持つお嬢様育ちの靖子と、危険な仕事に手を染めている不良っぽい少年、陽一の汚れなき純愛を、大人たちの思惑を絡めて描く。

あらすじ

沖中靖子は国務大臣の父を持つ令嬢で、女学院の中等部三年。継母・左都子は父・杉太郎の元秘書で、家の中をすべて仕切っていた。ある日、靖子は広田陽一という青年から拳銃を預ってしまう。ふとしたことから靖子は母が精神病院に入れられていることを知り、それを隠していた父と継母を恨んだ。そして、靖子は陽一と恋をし、家出をする。彼は改造ガンを作っていたことがバレて、警察に追われることになる。杉太郎は陽一に「靖子と別れてフィリピンに行くなら、罪は問わず仕事も保証する」と条件を出した。陽一はそれを受け入れ、飛行機で旅立とうとする日、空港で靖子の姿を見つけて駆け寄ろうとしたところ車に轢かれてしまった。靖子は陽一の葬儀場で、父・杉太郎が贈った花輪をライターで燃やすのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 東映=オスカープロモーション
上映時間 97
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する