「彼女が結婚しない理由」(1990)

0点--
夫と離婚し、娘の怜子と二人暮らしのブライダル・コーディネーター、有子。ある女性から結婚を前提に交際している恋人のことで相談を受けた彼女は、結婚が自分にとってビジネスになっていたことに気付いた。そんな時、客の一人である社長令嬢から、またもや相談を受けてしまう。尾美としのりや峰岸徹など大林組のゲスト出演も見ものの女性映画。

あらすじ

大手結婚式場に勤めるブライダル・コーディネーターの有子は、夫と離婚して娘の怜子と2人暮らし。今の有子にとって結婚とはビジネスのことだった。そんな彼女の楽しみは、バー“風”で仕事の疲れを癒すことで、マスターの江口ともごく自然に親しくなっていた。そんなある日、彼女は怜子から、恋の悩みを打ち明けられる。結婚したい人がいるが、彼の気持ちがよくわからないというのだ。またその一方で結婚式をコーディネートしていた大手企業の一人娘・正子からも他に好きな人がいて結婚に乗り気でないと相談される。そんな2人の悩みに上手く答えられずに戸惑う有子。そんなある日、江口から意外な事実を告白される。怜子と付き合っていた事、そして本当に恋をしてしまったのは怜子ではなく、その母の有子である事。その時、2人の前に現れた怜子はショックを受け、しばらくの間、別れた父・大垣のところに行くと有子のもとを出ていった。一方、正子は結婚を承諾するが、結婚式当日に現れた本当の恋人と新郎の2人に別れを告げて「自分になります」と言い残し式場を後にした。正子の本当の気持ちが表れた言葉に心から喜ぶ有子。その夜、“風”で有子は、江口本人から怜子が彼に結婚を申し込んだことを聞かされる。有子は、怜子の幸せを祈りつつ、江口との別れを誓う。やがて江口と怜子の結婚式をコーディネートする有子。今日の彼女は、母親の顔でなく女の顔をしていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国 日本
配給 東北新社=日本テレビ
上映時間 95
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する