「歌くらべ荒神山」(1952)

0点--
有名な清水次郎長の荒神山の決戦を舞台に、ヤクザ渡世に憧れて子分になった元左官職人・三太が、ヤクザの世界の強欲さをかいま見て盃を返すまでを描いた喜劇調時代劇。監督は“フーテンの寅“の名前の由来になったことでも有名な喜劇王・斎藤寅次郎。三太に田端義夫、吉良の仁吉に高田浩吉が扮している。

あらすじ

左官職人の三太は、やくざ渡世にあこがれて、桑名の安濃徳の乾分になった。安濃徳は欲深い男で、みいりの良い神戸の長吉の荒神山の縄ばりをねらっていた。たまたま彼のところへ草鞋をぬいだ榛名の梅七という旅人に、長吉の乾分で腕利きの加納屋利三郎を斬らせた上その梅七は用心棒の角井門之助に殺させてしまった。しかし梅七が頼んでおいた千代という盲目の娘は、三太と、同じく三下のベロ八の二人をつけて、その母親お光の芸者をしている清水まで送らせた。そのお光は、千代の眼をなおす治療費のため吉良へ鞍がえをしていた。その頃次郎長の一の乾分大政は、縄張りを荒した鯛屋の鶴太郎に殴り込みをかけたが、その時親分の命にそむいて民家まで焼いたので清水へは帰れず吉良の仁吉の許へころがり込んでいた。これを聞いて次郎長は怒って吉良へ乗り込んでくるが、折から安濃徳に荒神山を奪われた神戸の長吉と女房のお安が助けを求めに来たので、次郎長は仁吉と大政にその応援をまかせた。こうして荒神山の決戦となったが、仁吉は弾丸に当って、安濃徳の娘故に離縁した女房のお菊に抱かれて死んだ。三太はつくづくやくざ商売に愛想をつかしてベロ八と一緒に盃をかえして正業につくのだった。お光が娘と知って安濃徳は改心して坊主になった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1952年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 88
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する