「海の花火」(1951)

70点70
北九州、呼子港の遠洋漁業組合長・神谷は、不正を犯し組合を赤字化させた二人の船長をクビにして、若くて有能な兄弟を雇う。しかし組合の赤字は回復せず、しかもクビにした二人は、彼らに次々と嫌がらせを仕掛けてきた。木下惠介監督が海に生きる男たちの誇りを問うヒューマン・ドラマ。

あらすじ

北九州の一隅、呼子港の遠洋漁業組合長、神谷太郎衛は、組合の赤字の原因が、持船第一肥前丸と第二肥前丸の船長、唐澤源六と石黒軍造の不正にあるとにらんで、二人を馘にした。折よく戦時中船舶兵としてこの土地にいた魚住省吾が訪ねて来て後任船長を世話する約束をした。省吾の紹介の新船長矢吹毅と渡の兄弟の指揮で久しぶりに第一、第二肥前丸は出航、大漁であったが市価の暴落で組合の頽勢を挽回することは出来なかった。その上唐澤と石黒は色々な妨害をしかけて来た。更に太郎衛の持船が減船令にひっかかり、彼はそのため陳情に上京、幸い願いはきかれたが病床に倒れた。おどろいて駆けつけた姉娘美衛は、かえってこのために永い間の省吾との恋が実を結び結婚を許されることになった。一方呼子港でも唐澤等の悪事がばれ、一味は警察隊に捕えられた。その時、町へ流れて来ていた踊子みどりは、ひそかに恋していた毅の身代りになって兇弾に倒れた。第一、第二肥前丸が日進水産へ引渡しのため呼子港を出て行く日、毅と渡は甲板に立って見送る太郎衛に手を振っていた。毅は省吾と結婚した美衛よりもいまは自分のために死んだみどりの姿を胸に、渡は妹娘美輪から贈られたロザリオをその手に持って……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 122
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する