「一杯のかけそば」(1992)

0点--
大みそかの夜遅く、そば屋にやってきた母親と幼い兄弟の3人連れ。母子はおずおずと3人で一杯のかけそばを注文した……。日本中に感動の嵐を巻き起こして大ベストセラーになった栗良平の名作を基に、原作にはない登場人物やエピソードを加えて映画化。正攻法のしっとりとした語り口であの感動が蘇る。

あらすじ

大晦日の夜、そば屋“北海亭”を訪れた母子3人が、すまなそうに一杯のかけそばを注文した。交通事故で夫を亡くし、貧しいながらも健気に生きる母子の姿を見たそば屋夫婦は、密かに一人前半のかけそばを差し出す。その後、大晦日になるとやって来る母子を、夫婦は心待ちにするようになり、いつしか心のふれあいが芽生えるのだった。ところがそのことを知った常連客である新聞記者の熊井が、母子のことを新聞記事にしてしまい、北海亭にはマスコミや物珍しがる客が押し寄せ、その年から母子は姿を見せなくなる。それでも夫婦は母子が来るのを何年も待ち続け、店の改装後も3人が座っていた“1番テーブル”だけはそのままにしていた。そして幾年かの年月が経った大晦日の夜、見違えるように立派になった2人の息子と母親が再び北海亭に姿を現した。「あの後、父親の郷里の愛知へ移り住んでからも、一杯のかけそばに励まされて3人手を取り合って頑張って来た」と語る母親は、亡き父親の分も含めてそばを注文する。「かけ4丁!」と叫ぶおかみ。北海亭はみんなの笑顔と幸せな涙に包まれるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1992年
製作国 日本
配給 東映=東北新社=電通=ソニー=FM東京=キネマ東京=北海道放送
上映時間 99
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する