「喜劇 駅前火山」(1968)

0点--
西郷隆盛の曽孫・次郎は桜島一体を観光地にしようと、地熱発電所を作るための海底ボーリングを計画した。次郎に肩入れする鹿児島屋の社長・徳之助と反対する網元の孫作。この話に二人のペテン師も目をつけ……。

あらすじ

西郷隆盛の曽孫にあたる次郎は、桜島海岸一帯を一大観光地にしようと計画していた。その資金作りに、次郎は地熱発電所を建設するため、海底ボーリングで蒸気を噴出させることにした。これに目をつけたのが、三平と有造のペテン師である。二人は次郎の計画から、海底油田のペテンをたくらみ、鹿児島屋社長徳之助をだました。次郎に肩入れしている徳之助は、妹の純子と次郎を結婚させようとしていたが、ともに男嫌い、女嫌いとあって手を焼いていた。一方、次郎の計画に反対なのが地元の網元孫作である。何事につけても徳之助に反対している孫作だが、金儲けになる油田の話を聞くと、一も二もなく、海底資源開発に乗ってきた。三平と有造は頃を見はからって、海面に石油を流し、油田の存在をなんなく信じさせてしまった。そして海底資金研究所が設けられ、そこの所長に次郎が推された。しかし、頑固者の次郎は、石油と蒸気の二またはかけられぬと、三平の計画を突っぱねてしまった。徳之助と孫作はそれからの毎日を、もう石油で大儲けしたつもりで、料亭でどんちゃん騒ぎをしていた。だが、そんな有様を見た孫作の女房浪江、徳之助の女房桂子らは、海底油田の存在を怪しみ、東京から鑑定人を呼んだ。だが、この鑑定人は、徳之助の仕組んだ細工で、五百万バレルの油田があり五十億の儲けはかたいと、鑑定したのだ。女房達はすっかりおとなしくなった。そんな矢先、次郎のボーリングが、温度百六十度、圧力五十ポンドの蒸気を掘りあてたのだ。次郎の成功に、一番ほっとしたのが徳之助。彼は次郎の計画を成功させようと、資金集めのため三平たちのペテンに、故意に乗っていたのだった。やがて、鹿児島のおはら祭りが盛大に行なわれる頃、次郎と純子はようやく結婚することになった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東京映画
上映時間 92
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する