「日本悪人伝・地獄の道づれ」(1972)

0点--
沖仲士・黒川は悪徳刑事の小野塚によってアヘン密輸の罪をきせられ、5年も冷や飯を食わされた。出所後怨念の鬼となった黒川はひょんなことに巻き込まれ宿敵と再会するのだが……。人間の心の奥底に横たわる魔性を描いたリベンジもの。さらにノワールの要素も加えた。

あらすじ

大正二年−−若くて力に充ちあふれた沖中士黒川銀蔵は、悪徳刑事小野塚に、阿片密輸の無実の罪を着せられ五年間刑務所送りとなった。取調べの拷問は言語に絶するもので、額に押された警の焼印は掻き消すことのできない生涯の傷となった。それから五年後、出所した銀蔵の形相は怨念の権化と化して青く光る目は酷薄そのものと変った。銀蔵は横浜低地の歓楽街ワンダラ河岸へと流れきた。彼は、ワンダラ河岸一たいを仕切り、誘拐した女を外国に売りとばす役目をしている港湾荷役高源組の下っぱメリケン定と知り合った。高源組は外米成金の亀島や、シンガポールの貨物船船長アーサーと組んで女の売買と麻薬密輪とで荒かせぎしていた。銀蔵は、定と、口がきけず奇相の小男ガマ良と組んで女狩りにでかけた。銀蔵は美しい疹道女マリアに目をつけたが、横からさらって手籠めにしようとした男がいた。男はスケ駒で、この辺一たいに糸を張っている女の敵だった。銀蔵はマリアを奪い返したが、マリアは五か月の身重だった。銀蔵は医学生くずれのフロックに堕胎を頼み、マリアを妊娠されたアーサー船長から慰謝料を奪った。これを知った高源は定に銀蔵暗殺を令じたが、定は逆に殺されてしまった。その頃小野塚は栄転して部長となって横浜にいたが、ここでもやはり亀島や高源と手を組んで悪の片捧をかついでいた。警察に捕えられ拷問を受けた銀蔵は、釈放後、亀島を倒そうと、亀島夫人芳子を犯した。さらに、マリア、フロック、スケ駒、ガマ良と組んだ銀蔵は、アーサーの荷物船の横取りを計画し、これを奪った。しかし、誘拐した芳子と銀蔵の痴態を見せられたマリアは嫉妬に狂い高源組に隠れ家を通報した。奇襲を受けた隠れ家はダイナマイトでふっとんだ。それから数時間後、復讐を誓った銀蔵、スケ駒、フロックの三人は高源組へと殴り込んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映京都
上映時間 90
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する