「メロドラマ」(1988)

0点--
かつて渡哲也主演の日活ニュー・アクション“無頼“シリーズでならした小沢啓一監督によるハードボイルド・ロマン。15年前の犯罪が時効寸前に迫っている、二人の男と一人の女。過去を捨てて明日に生きようとする3人に、犯罪組織の魔の手が伸びていく……。

あらすじ

名倉五郎は15年前の夜、九州・佐世保のPXの倉庫に放火して密輸された大量のヘロインを盗み出した。しかし、その放火現場を店員の早苗は見ていた。早苗は誰にも言わないと懇願したが、名倉の15年間の逃避行につき合わされるはめになった。時効まであと10日という頃、名倉はベイサイドクラブへやって来た。その日は彼が部下の龍に持たせてやったこの店の開店記念パーティだった。名倉はナイトパブで事件の同胞、山口と会っていた。その二人の様子に見入る男がいた。早苗のかつての婚約者・梶山で、15年間ずっと名倉と早苗の消息を探していたのだ。しかし、いつしか早苗は名倉を愛するようになっていた。梶山は龍に名倉の過去をばらし、今のうちに蹴落とせばヨコハマの顔役になれるともちかけた。龍の裏切りにあい、名倉の立場は苦しくなった。警察や対抗勢力の朝霧組も動き始めたのだ。山口はチンピラに殺されてしまった。店を渡すように迫る朝霧組は早苗を誘拐するが、名倉は必死に奪い返した。彼は時効が来たら早苗と別れるつもりだったが、山口には「愛しているなら一緒にいてやれ」と言われた。執拗に二人を追いつめる梶山だが、早苗の名倉に対する愛情の強さを悟って去って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
上映時間 100
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する