「宝石泥棒」(1962)

0点--
箱根レークサイドホテルに現れた美女二人組。財閥の令嬢とその女中というふれこみだが、実はこの二人宝石泥棒。有閑マダムの持つ50カラットのダイヤを狙って彼女への接近を試みるが、同じようにダイヤを狙って変装している男二人組の宝石泥棒がいて……。

あらすじ

箱根レークサイドホテルに現われた美女二人、立花財閥の令嬢紫小夜子と女中秀子というふれこみだが、実はエレガントのお小夜とアトミックのデコという宝石泥棒なのである。今度の獲物は有閑未亡人近藤あづさの持つ五十カラットのダイヤ。ホテルの客、ハンサムな建築家立花健一とダンディな松野が立花家遠縁の者と聞いて、表面をつくろいながら機会をうかがう彼女等である。あづさ夫人は健一に参っているが、健一は小夜子にひかれている。夫人には佐川という得体の知れない男がまといついている。ダイヤの首飾りも誇らしげに、女王のごとくふるまう夫人をめぐって、五人の男女が動いているのである。そうするうちに健一と小夜子の恋も急速に進む。小夜子の傾きぶりには秀子も“ああ恋は盲目!”と嘆くことしきり。一方、健一をつかまえて“恋に目がくらんで切れ味の鈍ったジレットの健”と責めるのは松野。実はこの二人も名うての宝石泥棒なのである。ある夜、頃はよしと策略をめぐらせた二組の男女、さんざん苦労のあげくそれぞれ宝石を手に入れた。というのは小夜子のすりかえた贋物を、さらに健一がすりかえたのである。うまくいったと逃げ仕度にかかった二人も、もう一日滞在せねばならなかった。本物は佐川の手にあったのである。彼は、実は保険会社の探偵、小夜子の前に贋物とすりかえていたのだ。今は互いの素性を知った健一と小夜子、火花を散らしてにらみ合った。最後のチャンス、その夜ホテルのパーティでまんまと夫人の胸から宝石を奪ったのは小夜子だった。だが恋には弱い。身の危険を感じて逃げる健一に宝石を与えて、更生を誓った。改心した健一は佐川にそれをもどすと、走り去った。まもなく、健一らの車を追うスポーツカーがあった。自信ありげな小夜子と、明るい顔の秀子が前方をみつめていた……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1962年
製作国 日本
配給 大映東京
上映時間 95
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する