「涙でいいの」(1969)

50点50
高原の大自然の中でのびのびと育った美人姉妹の愛を描くラブ・ストーリー。姉の千春は、妹の千秋のかつての恋人であった曽根に出来心から求愛する。しかし、千秋と曽根の関係は想像以上に深いものがあり、千秋の夫はそれゆえに死を選んだという悲しき過去があったのだ。やがて千春は二人を祝福する。

あらすじ

穏かな陽光とオレンジの香りに包まれた高原。千秋と千春は大自然の中でのびのびと成長した美人姉妹だった。だが元気溌刺な千春にくらべ、千秋の気持はほぐれなかった。それというのも、かつての恋人・曽根と語らう時にはいつも、山で遭難死した夫の面影から、抜けられなかったから。一方、大学ストが解決、東京へ戻った千春は良一の妹・愛子のよく行く歌謡喫茶で曽根の住所を知った。千春が曽根に求愛したのはそれから間もなくで、女性記者の裕子に愛のライバル意識を持ってのことだった。娘の出来心を心配した謙作は、他の用事にかこつけて千秋を上京させたが失敗、喧嘩別れになってしまった。それから数日、千春は欧州へ取材に旅たつ曽根から、千秋との愛が彼女の夫を自殺に導くほど深かったと聞かされ、心うたれた。千春は二人を祝福、今は心の解けた良一とともに牧場を守ろうと誓いあった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 ピロ企画
上映時間 79
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する