「とりたての輝き」(1981)

0点--
1980年度城戸賞佳作入選のシナリオを作者・浅尾政行が自らメガホンを取った意欲作。サラ金の取り立てを仕事とする若者と中年男、この二人の姿を通じて社会の一面を浮きぼりにする。世相を反映した脚本の切り口は面白いが、演出は平板で新しさに欠けた。

あらすじ

少年院出身の雄也と兄貴分の英次はサラ金のとりたてをしている。雄也のアパートにはキャバレーのホステス、みどりが転り込んで来た。英次も年増ホステス、のぶえと同棲している。雄也のとりたては強引だ。サラリーマンの女房、弓子は力ずくで犯して脅し、高校教師の富山には、娘の大学までおしかけて嫌がらせまでする。ある日、雄也の部屋に、昔つきあっていたホステス、桂子が雄一という赤ん坊を連れておしかけて来た。二年前、桂子は雄也の子を宿すと、堕ろせと言われ、そのまま出ていってしまったのだ。暫くして、子連れの女にはかなわないと、みどりは出て行った。ムシャクシャする雄也は三十六にもなる英次と暴走族の仲間とウサ晴し。さらに、酔った勢いで、富山の家にガナリ込んでブタ箱にブチ込まれた。英次の方も、のぶえが妊娠、産む産まないで口論の末、刺し殺してしまった。逃亡する英次を、雄也は有金を渡して見送った。雄也は、英次が使い込んだ百二十万円をかたがわりさせられることになり、返済のために売春を強要していた弓子が自殺してしまったりで行く所がなくなった。雄也は桂子と赤ん坊を連れ、日本海側へ逃亡する。そこへ、英次が銀行強盗を企て、射殺されたことを聞く。桂子がキャバレーに勤めている間、風邪気味の雄一を置き去りに、ヤケ酒を飲む雄也。雄一は危篤状態になるが、なんとか命はとりとめた。雄也は泣いた。そして、桂子の実家のリンゴ園でマジに働く決意をするのだったが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
配給 東映セントラルフィルム
上映時間 99
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する