「東京は恋する」(1965)

【DVD発売中】

0点--
舟木一夫の歌謡メロドラマ。美大入学を夢みながら看板屋で働く青年・明夫は、街で見かけた少女に恋をするが、その娘・ミチコは、あろうことか高校時代の悪友でプロのバンドマンを目指す健次の恋人だった。彼女への気持ちを秘めつつ、明夫は誘われるままに健次のバンドで歌い始めるが……。

あらすじ

美校に入学することを夢みながら看板屋で働く塚ロ明夫は美校を卒業していながら、サロン美術にあきたらず、看板屋になっている田所文太のところに下宿していた。ある日、明夫は銀座で雨やどりをする美しい少女ミチコを見かけた。それからというもの、明夫はミチコがおとしていったマスコットとともに、その面影が忘れられなくなってしまった。数日後、久しぶりの休日に明夫は高校時代の友人三村健次を訪ねた。仲間たちといっしょにバンドをつくっている健次は、明夫を強引に説きふせて、文太の家から自分の家に引っ越させ、歌のうまい明夫にバンドに入ることを勧めた。そうしたある日、明夫は広告社の帰りの駅前で、あの雨の日に会った、少女ミチコに出会った。明夫がひろったマスコットを返すと、ミチコは明夫に靴下を贈った。それからというもの、明夫は駅前を通るたびに期待に心をときめかせた。そしてある日、明夫はアパートに帰った部屋の前で、健次を訪ねてきたミチコに再会した。ミチコは健次の恋人だったのだ。しかし今の健次には、ミチコのことより、自分のバンドを一流にする夢のほうが大きかった。そんな健次の態度を悲しんだミチコは、明夫に悩みを打ちあけた。ミチコは故郷の父から、見合いをすすめられてたのだ。思いあまった二人は、やがて上京した父に、二人が恋人同士のように見せかけて父を説得した。一方の健次も、健次のバンド・マネージャーでありスポンサーでもある玲子の尽力で、玲子の父が経営するナイト・クラブに出演することが出来た。が、それもつかの間、それぞれに職場を持つ健次の仲間は、プロになることを嫌った。一人弧立した健次のさびしそうな姿を見た明夫は、ミチコにそっとささやいた。「健ちゃんをなぐさめてあげられるのは君だけなんだ」と。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1965年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 96
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する