「不法滞在」(1996)

0点--
在日外国人問題を背景に描く、陣内孝則主演の異色サスペンス。入国管理官、通称“入管Gメン“として外国人不法滞在者たちの摘発に追われる辰巳洋一。ある日、辰巳は偽造パスポート組織の捜査で、かつて強制送還した台湾女性・李美菱と再会する。捜査のため接近するうち、彼女に一人娘の死がもとで別れた妻を二重写しにしてしまう辰巳。一方、美菱も彼に惹かれ始めるが、娘を人質に取られ組織を離れることはできない。そんな折、台湾にいる娘が病気で危険との知らせが届いたことから、美菱は思い切った行動に出るのだが……。撮影は「(ハル)」「失楽園」の高瀬比呂志。

あらすじ

入国管理局で不法滞在者を摘発する“入国管理Gメン”を指揮している辰巳洋一は、3年前、病臥の娘の臨終に仕事で立ち会えなかったことが原因で、妻の美奈子と離婚していた。ある夜、偽造パスポートが数多く出回っていることを知った辰巳は、潜入した中国倶楽部で、5年前に不法滞在で強制送還させた林光蘭と再会する。偽造パスポートの情報を得るために光蘭と食事をした辰巳は、次第に彼女に別れた妻の姿を投影して、惹かれていくのだった。光蘭は華僑の郭源明の愛人となって、偽造パスポートの組織の仕事を手伝わされている。台湾にいる郭の仲間・周に娘を人質にされているため、郭を裏切ることもできないでいたのだ。光蘭は郭から辰巳の動きを見張るように言われていたが、彼女もまた辰巳に惹かれ始めていた。そんなおり、光蘭に台湾の娘が病気で死にかけているという電話が入る。光蘭は偽装結婚している横川に助けを求めるが取り合ってもらえず、逆に偽造パスポートの話を聞いた横川は、光蘭に口止め料を要求した。それを知った郭は、女殺し屋の王嘉玲に光蘭の変装をさせると、横川を車で撥ねさせる。なんとか一命を取り留めた横川は、辰巳に向かって光蘭に撥ねられたと訴えるのだった。続いて嘉玲に命を狙われたが、なんとか難を逃れた辰巳は、嘉玲が光蘭に変装していたことを知ると、郭のもとへと急いだ。しかし、辰巳がついた時には、すでに光蘭が郭と周を射殺してしまった後だった。辰巳は光蘭を逃すために羽田へと向かったが、光蘭が国外へ脱出しようとしたその刹那、横川が放った銃弾に光蘭の体は崩れ落ちていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 イメージファクトリー
上映時間 97
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する