「やがて…春」(1986)

0点--
東京のとある小学校の5年生のクラスを舞台に、ちょっとだらしない男の子と、田舎から転校してきたばかりのなまりの強い女の子が、クラスの中でいじめられ、追いつめられていく……。そのプロセスをきめ細かいタッチで描き、教育的配慮も十分な児童映画。

あらすじ

小学校5年生の松山優樹は、出版社に勤める母、光と二人暮らし。彼は母の手伝いをよくし、動物を愛するやさしい芯の強い子だが、だらしない風体からクラスでは受け入れられていない。担任の女教師、山中も優樹のやさしさを解りつつ、生活態度には好印象を抱いていなかった。クラスの花形的存在の一也は、のろまな優樹に何かと辛くあたる。女子の方でも最近山形から出稼ぎの父親を追って、母親と越してきたばかりの裕美は、気の強い淳子たちのグループに訛を茶化され小さくなっていた。教師に受けがよく人気者の明美が注意をするが、裕美は淳子たちの攻撃に怯えて明美のやさしさを受け入れない。一方、優樹は一也たちの暴力に悩まされるが負けていなかった。学級会で明美は「いじめ」をとりあげた。山中も裕美に尋ねてみるが、仕返し怖さに彼女は首をふる。裕美は攻撃を避けるため淳子の言う侭になり、明美を敵にして神経をすり減らしていく。とうとう円形脱毛症となった彼女は、母と二人で山形に帰ることになり、明美に「ごめんね」と言って転校してしまう。その頃、一也をやっつけるマンガを書き、見つかった優樹は、一也たちに体の上に乗っかられた。危く一命はとりとめたが、医師からかなりの障害が残ると宣告される。ふがいなさを恥じた山中は、子供や親たちに真剣に語りかける。優樹は必死に訓練を始めた。子供たちの彼を見る目も変化していく。早春のある日、校門に二つの影が並んだ。足に補助器具をつけよろけながらも歩く優樹と、手をさしのべるよう横に立つ一也だ。二人の姿を見つけた子供たちが校門に向かった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1986年
製作国 日本
配給 中山映画
上映時間 105
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する