「花物語」(1989)

0点--
太平洋戦争末期、食糧難のため多くの家がそれまでの花から野菜へと畑を転作、しかし、心から花を愛する女・ハマだけは花畑をかたくなに守った。そんななか食糧管理法が施行され、ハマの畑にも食物の栽培が義務付けられる。当時の実話に題材をとった田宮虎彦の『花』を原作にした心温まるドラマ。

あらすじ

太平洋戦争末期、食料難は深刻だった。あちこちで花畑も野菜や穀物に転作されていた。そんなご時世にもかかわらず、花の栽培に夢を託すハマに村人たちは“非国民”と陰口を叩いていたが、ハマは小さな善兵衛畑の花だけは残そうとしていた。次男・作次は母親を亡くし実家に身を寄せている近所のゆり江と仲がいい。長男・勇一は杉子と恋仲である。そんな時、食糧管理法が施行され、すべての田畑に食物を植えることが義務づけられた。花を栽培することは、明らかに法を犯すことになる。勇一は、作次が止めるのも聞かず、善兵衛畑の花を引き抜くのだった。落ち込むハマだったが、雑木林の片隅の吹きさらしの谷に小さな荒地を見つけた彼女は、そっと水仙を植えつけるのだった。戦争はどんどんひどくなり、夫の五十次には再び召集が、勇一は予科練を志願した。そんな悲しみを紛らすかのようにハマは谷の花をひたむきに守り続けるのだった。しかし、この花も何者かに引き抜かれてしまい、戦争は花を咲かせる自由すら奪った。そんな時、ハマに五十次の戦死が告げられた。そして終戦の日が来た。戦争から戻った父親と再会したゆり江を目の前にしたハマは、勇一が戦争から戻って来るのを願いながら、花の栽培に励むのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 大映=埼玉映画文化協会=千葉県映画センター=大映映像=大阪映画センター
上映時間 95
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する