「花の渡り鳥」(1956)

60点60
旅ガラス榛名の清太郎は、権現山の崖下で瀕死の七兵衛から娘のおみねへの伝言を頼まれる。おみねは佐原の悪親分・岩井屋音蔵のもとにいたが、子分の惣吉が連れて逃げ出した。追っ手に囲まれて危機一髪のその時、清太郎が二人を助ける。若き日の勝新太郎と雷蔵が好演した、明るい人情時代劇。

あらすじ

下野と下総の境、権現山の崖下で、瀕死の七兵衛から岩井屋音蔵に預けた娘おみねへの伝言を頼まれた島帰りの旅鴉榛名の清太郎は、佐原にいそぐ道中で女道中師見返りおぎんと知り合った。男らしい清太郎にひと目惚れのおぎんは、相棒蜩の半次をせき立てて清太郎の後を追った。やくざと十手の二足草鞋、佐原の悪親分岩井屋音蔵は縄張ぐるみの預りもの、おみねに邪恋を燃やしたが、もと七兵衛の乾分惣吉がおみねをつれて逃げたので、乾分どもに追わせた。追手にかこまれてすでに危い二人を助けた清太郎は、単身岩井屋に乗り込んだ。音蔵の耳に清太郎が島破りの重罪人だと囁いたのは、乾分の甚七で、音蔵は自分の旧悪を知られた以上、清太郎を生かしておけないと肚を据えるのだった。一方、音蔵の厳しい手配に逃げ場を失ったおみねと惣吉は利根川に身を投げようとしたが、船宿蔦屋の主人佐吉に助けられた。佐吉も以前はやくざで清太郎の弟分だが、今は堅気になっている男だ。あくる日、佐原神社の祭礼の人ごみで図らずも逢った清太郎の無事な姿に、なぜか佐吉の顔色が変った。それもその筈、清太郎が探すいとしい女おしのこそ、今は佐吉の恋女房になっているのである。それを知った清太郎はおしのを諦め、二人の幸せを祈るが、佐吉は清太郎への義理立てから甚七を叩ッ斬って再びやくざに戻ろうと決心するのだった。おぎんと半次の働きで音蔵、甚七を斬り伏せるや、清太郎は合羽と笠をとって佐吉やおしのたちに別れを告げ、鹿島街道をあてのない旅に出た。あとからおぎんと半次が追って行く。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1956年
製作国 日本
配給 大映京都
上映時間 80
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する