「橋〈1988年〉」(1988)

0点--
数年前に起きた殺人放火事件に関係している繊維デザイナーと、その再審請求を受けて調査している弁護士との恋を描いたラブ・サスペンス。“糸のダイヤモンド“と呼ばれている天然蚕の糸で、実際に作られた着物の数々が使用されている。

あらすじ

城所は先輩弁護士の江藤からすでに時効となっている冤罪事件の再審を頼まれた。事件とは信州・安曇野で起こった殺人で、疑惑をもたれているのは長野県議会議長の酒井太一郎。城所はある日カフェバーで着物姿の美しい女性を見染め、長野で再会した。その女性は高樹海子という繊維工芸デザイナーで“糸のダイヤ”と言われる天蚕光臣布を使った着物ショーを企画していた。城所は酒井のアリバイを崩さねばならなかったが、当時の証人もボケてしまっていたりで調査は進まなかった。城所は事件の謎を追ううち、海子にぶつかった。酒井は海子のパトロンで、二人の間に生まれた子供は養父母に育てられていた。城所は事件の重要参考人である海子に惹かれていき、結婚を申し込んだ。そんなとき酒井が狭心症で急死。海子のショーは無事に成功した。安堵した二人だったが、思いがけない過去が浮かび上がった。放火・殺人事件の犯人は紛れもなく酒井で、その現場を目撃したのが、当時15、16歳だった養女の海子だった。しかも酒井は自分が殺した死体のすぐ脇で梅子を強姦していたのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する